脂肪細胞の種類と働き

スポンサードリンク

脂肪細胞の種類と働き

脂肪細胞には(WAT)「褐色(かっしょく)脂肪細胞」(BAT)と「白色(はくしょく)脂肪細胞」という、
全く働きの違う2種類の細胞に分類する事が出来ます。

褐色脂肪細胞の分布場所は、首の周り、脇の下、
肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りの5カ所で、
体内に蓄積された余分なカロリーを熱に替え、
放出させる働きのあるありがたい細胞です。

褐色脂肪細胞は幼児期に多く存在し、成人になると減少します。
褐色脂肪細胞に蓄積された脂肪は、
体温を維持するための熱源として使用されます。

褐色脂肪細胞は、成長期に入ると少しずつ減り、
生まれたばかりの時に約100gあったものが、
成人になると40g程度に減ってしまいます。

歳を重ねるとともに身体に脂肪がつきやすくなるのは、
褐色脂肪細胞が減ってくることも大きな要因です。

褐色脂肪細胞の働きが活発な人はエネルギーを
たくさん消費し、活発でない人は、
エネルギーの消費も少なめということになりますが、
この褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子によって操作されます。

褐色脂肪細胞に関わる遺伝子に変異を
持って生まれてくる人がいます。

白色脂肪は全身のあらゆるところにあり、
とくに下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、
内臓の回りなどに多く存在しています。

体重がそれほど多くなくても、下腹部やお尻、
太ももなどの太さが気になる人が多いのは、
これらの部分に白色脂肪細胞が多いためです。

体内に入った余分なカロリーを
中性脂肪の形で蓄積する働きがあります。

日本人の3分の1はこの遺伝子に変異をもっているといわれ、
このような人たちは、そうでない人に比べ基礎代謝量が
平均約200kcalも低く、太りやすい体質ということになるわけです。



スポンサードリンク

脂肪細胞とは

スポンサードリンク

脂肪細胞とは?

ダイエットをする目的は、
脂肪細胞の中の脂肪球に蓄えられている脂肪の量を
減らしていくことが重要になります。

脂肪細胞は、これまで脂肪細胞は生まれたばかりや思春期など、
ある限られた時期にだけ数が増えると言われていましたが、
最近の研究では、その時期以外でも栄養過多になれば
(特に高齢女性で)数が増えるそうです。

脂肪細胞の中では、脂肪の合成、分解、蓄積が行われます。

医学的に脂肪細胞の数は、
250億個〜300億個とも言われ、
脂肪細胞1つの直径は1万分の1mmです。

脂肪細胞の数が増えたり、細胞自体の
脂肪蓄積量が多くなると「太った」状態となります。

これまで脂肪細胞は成長期に
細胞数が増えると言われていましたが、
最近の研究では、体の成長が終了した以降でも、
栄養過多により細胞数が増えるとか。

脂肪は、脂肪細胞の中の“脂肪球”といわれる
油滴の中に蓄えられています。

一度増えてしまった脂肪細胞は、
その後、数が減ることはなく、蓄積される脂肪の量によって
大きさが変化するだけなのです。

ダイエットをする目的は、
脂肪細胞の中の脂肪球に蓄えられている脂肪の量を
減らしていくことが重要になります。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。