セルライトブラシ

スポンサードリンク

セルライトブラシ

メーカー名 : ニールズヤード レメディーズ
ブランド名 : ニールズヤード

女性に多く見られるセルライトは、お尻や太ももなどに発生するお肌のでこぼこのことです。

1960年末ごろからマスコミが取り上げるようになったようです。

セルライトには医学的根拠はないとのことです。

健康食品やエステでは、セルライトを肌のでこぼこを作る原因物質として取り扱うことが多いようですね。

仕事のせいか肩こりがひどく足のむくみとセルライトがとても気になっていたのでセルライトブラシを購入しました。

プラスチック製のものは静電気の心配もあるので気楽には使えませんが、セルライトブラシは木でできているし突起物がとても肌に優しいので気に入っています。

その突起部分にオイルが徐々にしみ込みブラシ自体に香りがついていきます。

刺激で血行が良くなるし香りも楽しめるという点では女性向けの贅沢なブラシだとも言えます。

使い方は体の部分によっても変わってきます。

もち手の部分があるのでマッサージもしやすいし肩や背中にも余裕で届きます。

お風呂上がりにバスタオルを床に敷き、その上に座って、脚や腕、お腹まわりや脚の付け根などをマッサージをすると、ぐっすり眠れます。

マッサージオイルに好きなエッセンシャルアロマを混ぜてこのブラシでマッサージをしていますが、寝付きの悪いのがすっかりよくなりました。

気になる部分を突起部分で叩いて使用する方法は簡単ですがやってみるととっても気持ちがいいです。

それに肌につやが出る気がします。

ブラシのお手入れをしていけば長く使えます。

ブラシや突起物でのマッサージは血行不良の改善を考えれば冷え性にも良さそうです。

セルライトは、古い脂肪に水分が吸着してできると考えられてています。

脂肪が変形して固まってしまっているので、従来の脂肪に対する処方では排除することができません。

特殊な健康食品やサプリメントなど、これまでと違う処置で対応しなければなりません。

スポンサードリンク

エンダモロジー

スポンサードリンク

エンダモロジー

女性はホルモンの関係でセルライトが
とても出来やすくなっています。
早い人の場合、10代からセルライトが形成されています。

セルライトは体型を崩すだけでなく、疲労感やむくみの
原因にもなります。

しかもこのセルライトはマッサージや
運動ではなかなか解消出来ません。


そこで結合織マッサージにより代謝の改善を図り、
リンパドレナージュでリンパの流れを
促した後にエンダモロジーを行うことで
セルライトの解消を促進し、
相互作用でセルライト解消効果を
更に高めていくものです。

ローラーで皮下脂肪をマッサージしたり、
吸引してセルライトを揉み解したりして、
物理的に破壊していく施術方法です。

これにより、今まで休止していた代謝の活動も、
再び活発になります。

マッサージを行う度に、血液の循環やリンパ管の
機能が回復し、脂肪組織の状態が
改善され代謝が向上します。


エンダモロジーの効果



1.セルライトの改善に効果が期待できます。
  ローラーの刺激により血行が促進し、
  代謝がよくなりセルライトを徐々に減少させていきます。

2.お肌にハリとツヤがでてきます。
  真皮中に存在する繊維芽細胞を刺激することで、
  コラーゲンやエラスチンの生成を促進します。

3.ボディラインを美しく。
  気になる部分を刺激し代謝をよくする事で
  脂肪の燃焼効果を高めます。

4.痛みをほとんど伴わないため、
  リラックスして施術を受けることができます。
  マッサージによるストレス解消効果も発揮します。


5.引き締め効果が期待できます。
  特殊ヘッドのマッサージ効果で
  余分な老廃物を排泄させ、むくみやたるんだ皮膚を
  改善していきます。

施術の目安としては、週に1〜2度の割合で、
10回〜20回くらい続けると、
効果が現れてくるようです。

また、引っ張られることで皮膚が刺激され、
コラーゲンやエラスチンの分泌が増加し、
お肌にハリが出てきます。

但し、強度な揉み出しなど
の施術を受けると
内出血を起こすしてしまう事もあるので、
注意が必要です。


スポンサードリンク

セルライト対策器具(その2)

スポンサードリンク

◆セルライト対策器具(その2) 

カーボメッド

カーボメッドとは、これまでの脂肪吸引手術は
その手技の都合上ダウンタイム
(通常の生活に戻れる時間)が比較的長い期間を要しました。
また手術部位の痛み、内出血、長期の
圧迫が必要など煩雑な面がありました。

そこで今までの脂肪吸引の弱点を解決し
、同様の効果を得る最新のカーボメッドが開発されました。

これを利用することで容易に脂肪吸引の代わりに脂肪を分解し、
痛みも無く安全に脂肪を減少させることができます。
さらに今まで不可能だった部位の痩身や脂肪吸引後の方、
セルライトが気になる方も安心して
受けることができるようになりました。

炭酸ガス療法は元来1930年にフランスで開発され、
動脈硬化、血管障害による病気などに用いられてきました。

最近では世界で広く妊娠線(皮膚線状)の改善、
動脈硬化、慢性関節リュウマチなどにも用いられています。


脂肪吸引後にカーボメットを使用すると非常に効果的です。

カーボメッドは何をするのかと云うと

点滴の針よりも細い針を用い、
炭酸ガスを皮下脂肪に注射する施術法です。

炭酸ガスを注入することにより、
血液から酸素が多量に放出され、
セルライトを結合させている組織が砕け、
脂肪が分解されます。

炭酸ガスを人間の体内に注入するのがちょっと抵抗がある方もいると思いますが(人体には無害です)
場合によっては脂肪吸引するより治療費も安く上がるし妊娠線も消えるということです。

部分的なセルライト除去も可能です。

酸素がたくさん放出される事で、
細胞の新陳代謝が非常に活発になり、
肌荒れ、老化防止などの効果も期待できます。

痛みもなく、腫れることもありません。

施術時間も、状態によって多少変わってくるようですが、
一般的に30分から1時間程度の短時間で
すむ場合が多いようです。

すぐにその日からまったく普段通りに活動できます。

それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ法が良いかと思います。


◇太もも◇

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。

◇ふくらはぎ◇

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。


◇お尻◇

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。


スポンサードリンク

セルライト対策器具(その1)

スポンサードリンク

◆セルライト対策器具(その1)  

ステレオダイネーター

ステレオダイネーター 立体動態波という
三つの電極から中周波を流して、
体のより深い部分を立体的に刺激する医療器械です。

ステレオダイネーターは医療器械です。

世界最大の医療メーカーであるドイツの
「シーメンス社」が開発しました。

たけしの万物創世記」や「日経ヘルス」にも
紹介された有名な医療器械です。

その実力は既にマスコミなどでも取り上げられ、
医学的なデータの裏付けには絶対の信頼性があります。


ただ寝ているだけで、レジスタンス運動を
可能にしてくれるダイエットマシンがあります。
それが『EMS』です。

運動経験や意志力とは関係なく、
だれでもできて、しかも安全です。

このマシンには立体動態波という最新の
治療システムが搭載され、三つの電極から中周波を
流す画期的な技術により体のより深い部分を
立体的に刺激することが出来る唯一の医療器械です。

「部分的な引締め効果・筋力アップ」に
絶対の信頼性と科学的根拠のある確かな効果を発揮します。

筋肉を動かすマシーンということです。
筋肉を動かす時に欠かせないのが
脂肪に溜めこまれたエネルギーなんですね。
その脂肪を筋肉運動を促すことによって体をシェイプアップします。


「20分寝たままで腹筋600回分の引締め効果が期待できる!」
今話題のシェイプアップ・マシーンです。

また筋力不足からくる腰痛症、むくみ、冷え性、便秘なども
同時に改善されていきます。

テレビや雑誌でも紹介された医療器械です。


筋肉を増やす事によって、
脂肪の燃焼を促進させ、筋力をアップします。

※こんな方にお勧めです

* 運動不足
* むくみ
* 新陳代謝の悪い方
* 筋肉質・筋肉が張っている方
* 脂肪の多い方
* ダイエット・出産後のたるみ

それと同時にセルライト対策をしたい方には、
自分で出来るこちらのマッサージ法が良いかと思います。

◇お尻◇

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。

◇太もも◇

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。

◇ふくらはぎ◇

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。





スポンサードリンク

セルライト対策(その8)

スポンサードリンク

セルライト対策 (8) 

機器を使用する方法

セルライトは、皮下組織にある脂肪層の循環や
血液やリンパの流れを改善しなければ、
なかなか解消することはできません。

そのためには、リンパドレナージュなどの、
血液やリンパの流れをよくするマッサージが
効果的であるということは
前回説明しましたね。

リンパドレナージュをする時は、
まず初めの10日間、毎日集中的に
行って一気にリンパ液の流れを促します。

その後は体調をみながら、1日おきにしてもOKです。

ただし「こんな時はマッサージを控えて」という項目に
あてはまる症状がある場合は、しばらくお休みしたり、
リンパドレナージュを避けることも必要です。
また、まったく初めてという人は、
まずはサロンなどでどれくらいやさしい感触なのかを
体験してから、自分で行うのが理想的かも知れません。



次のような症状がある場合は、
リンパドレナージュの効果が得られないばかりか、
かえって体に悪影響を及ぼします。
行わないように注意して。

●リンパ節(管)が腫れている
●熱がある
●重症の循環器障害がある
●感染症にかかっている
●心臓疾患がある
●化膿疾患がある
●免疫に関わる疾患がある



それらのマッサージは、もちろん自分で
行うことも可能ですが、エステサロンなどの
専門機関で、高い技術力を持ったプロの手に委ねると、
より優れた効果が期待できます。

しかしながら、いくらプロとはいえ、
やはり人の手によるマッサージには、
限界があります。

その日の体調にもある
程度左右されてしまいます。

そこで機器の助けが必要となってくるわけです。

次回セルライト対策器具を紹介したいと思います。

それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ法が良いかと思います。

【お尻】

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。

【太もも】

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。

【ふくらはぎ】

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。



スポンサードリンク

セルライト対策(その7)

スポンサードリンク

セルライト対策 (7)  

※リンパドレナージュ

リンパドレナージュマッサージは
セルライトの原因にもなっているむくみを
解消するために効果的だといわれています。
 

滞ってしまったリンパ液の流れを
スムーズにすることができるのが
リンパドレナージュマッサージだといわれています。

ここでドレナージュについてご説明します。
ドレナージュが何なのか解からないと理解が
難しいと思いますのでドレナージュの説明後
マッサージ方法の説明をさせて頂きます。

「ドレナージュ」は、「排液」または「排出」という
意味をもつフランス語で、
「リンパドレナージュ」は、
直訳すると「リンパ排出法」という意味になります。

リンパ液の流れるリンパ管は絹糸のように繊細です。
リンパ液はゆっくりとした流れで、
体表近くにも存在するため、
強く圧迫したりさすったりしたりすると、
逆に流れを滞らせてしまいます。

そのため、施すタッチは非常に軽く、
リンパ液の流れに沿って穏やかに行なわれます。

クライアントにとっては、初めは物足りなく
感じられるくらいの軽さですが、
このタッチが、リンパドレナージュの
大きな特徴です。

ここからリンパドレナージュマッサージの説明です。
是非、活用してくださいね。

リンパドレナージュマッサージでむくみ解消をして、
セルライトを予防・改善しましょう

リンパドレナージュマッサージの方法

リンパ管の分布に沿って、
足首→ふくらはぎ→膝の裏→太ももと進み、
腰→背面から肩→首の順に、下から上へ
ハンドマッサージしてゆきます。

上までいったら今度は身体の表側(前面)の
上から下へとマッサージしながら降りていきます。

リンパドレナージュマッサージのポイント

@ 優しく軽く撫でるように

リンパ管は皮膚の近くを流れているので、
強くマッサージするとリンパ管が壊れてしまう恐れ
がありますので、なるべく軽く撫でるように
マッサージしてください。

軽くても充分効果が期待できます。
「優しく撫でる程度」を目安に行ってください。

A まず最初に前側の太ももの付け根やわきの下から

脚のリンパ管は、太ももの付け根部分の
リンパ節に集まっています、上半身のリンパ管は
わきの下のリンパ節に集まっています。

これらの部分のリンパ節が詰まっていると、
いくらリンパ管をマッサージしても、
リンパ液が滞ったままになって効果が上がりません。

それが終わったら、先ほどご説明したように、
下から順にマッサージしていってください。

B 入浴後がより効果的

血管が温まって拡張しているときに、
リンパドレナージュマッサージをすると、
効果がアップします。
ですから、入浴後のマッサージがより効果的です。

それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ法が良いかと思います。

【お尻】

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。


【ふくらはぎ】

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。


【太もも】

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。


セルライトとというものを、一言で言うと、
特殊な脂肪の塊のようなものです。 

太腿や二の腕を握って絞ってみると、
みかんの皮のようなデコボコが出ませんか?
そのデコボコの正体は セルライト です。

お尻や太ももなど、脂肪が多く血行の悪いところに
できやすくなっています。

毛細血管から排出された水分や老廃物などが、
血行不良のため適切に処理されず、
脂肪と皮膚の間にある皮下脂肪細胞内でシリコンのような
塊になった状態をいいます。




スポンサードリンク

セルライト対策(その5)

スポンサードリンク

セルライト対策 (その5)  

お風呂でマッサージをしましょう


入浴は、血液やリンパの流れを活発にするだけではなく、
リラックスできて自律神経のバランスを
整える絶好の場所です。

セルライトを予防・改善するためには、
体内の血液やリンパの流れを活発にすることが
必要になってきます。

さらにセルライト解消に役立つマッサージを
プラスすれば、効果倍増です。

体の末端から中心部に向かって
マッサージをするのがポイントです。

マッサージを行う場合は、ぬるま湯(40℃前後)での
半身浴がおすすめ。


リンパ管は、動脈や静脈といった血管が体全体に
分布しているのと同様に、やはり私たちの体全体に
張りめぐらされています。

リンパ管の内部を流れているのは、
細胞と細胞の間にある組織間液という液体が集まった、
リンパ液と呼ばれるものなんです。

長時間同じ姿勢で座っていたり、血行が悪くなることで
起こるむくみは、本来リンパ管へと
流れていくはずの組織間液が細胞間に
どんどんたまってしまった状態のことを指します。

リンパ管がスムーズに流れていれば、
むくみが起きることはないのです。


できればリンパの流れを促進する作用のある
エッセンシャルオイルなどを使ってみてはいかがでしょう。


セルライト解消に有効な
エッセンシャルオイルの主な働きです。




●コリアンダーシード

細胞外液の循環を促進します。
リンパの流れを活性化します。

●グレープフルーツ

利尿作用。脂肪の代謝を促進します。
むくみ、肥満、セルライトを解消します。

●ラベンダー   

肌を柔軟にします。細胞を活性化します。
皮膚の分泌を整えます。ストレス解消。

● ジュニパー

体内の毒素、老廃物の排出をアシストします。
むくみやだるさを改善します。食欲を正常に保ちます。

●ローリエ

リンパの循環をよくします。
特にマッサージにはかかせない
エッセンスでもあります。


●ローズマリー

水分の滞留によるむくみや肥満の改善。
肌を強くします。肌を引き締めます。



※ここでむくみについて、ちょっとだけお話したいと思います。

むくみをそのまま放置するとどうなってしまうのでしょうか? 
組織間液には、アルブミンというタンパク質の
一種が含まれているんです。

この、アルブミンには、各細胞に栄養を
送り届ける作用と、細胞で生じた老廃物や
疲労物質をリンパ管へと運ぶ働きがあります。

そのため、組織間液がたまり、
アルブミンが循環できなくなってしまうと、
細胞は栄養不足になるばかりではなく、
老廃物や疲労物質がそのまま蓄積されてしまうんです。

この状態を放置しておくと、細胞は老化してしまい、
体は疲労が溜まっていくいっぽうです。

むくんでしまって、ふくれた手足、顔は
見た目だってよくありません。


※それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ方法がいいかと思います。

(お尻)

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。

(ふくらはぎ)

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。


(太もも)

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。





スポンサードリンク

セルライト対策(その4)

スポンサードリンク

セルライト対策 (その4)  

ウォーキングをしてみましょう!

セルライトの予防には基礎代謝を上げる事が大切です。

基礎代謝を高めるためには定期的な運動が
必要という事なんですね。

運動不足は、セルライトを
生み出す原因にもなっています。
めんどうがらずに
意識的に体を動かしましょう。

そこで!

ウォーキングがお勧めです。

たくさん歩くことは、基礎代謝を高め、
運動不足を解消するよい方法です。
現代人は、歩かなくなったことで基礎代謝も
下がり気味だといわれています。
思い当たるふしがあるのでは?

今、セルライトがついてない人でも、
このまま歩かない生活を続けていれば、
将来セルライトができてしまう
可能性も大きくなる可能性があるようです。


では、ここで効果的なウォーキングの仕方を紹介しますね。

背筋をピンと伸ばして歩幅を普段よりも広げて歩くようにして
腕を大きく振り、腰をひねるようにして
早足で歩くことがポイントです。

かかとから着地し、つま先で
地面をけり出すようにします。

最初は無理をしないで1日15分くらいから始めて、
慣れてきたら30分、45分位ウォーキングして最終的には
1時間くらいに増やしていきましょう。

脂肪は運動開始後20分しないと
燃焼しないといわれていますので、
止まらないで休まず歩きたいものです。

これを週に2〜3回おこなってください。


普段の歩幅は身長×0.37くらいですが、
ウォーキングの場合は
身長×0.45が目標の歩幅です。

身長160cmの人なら70cmちょっと。

意識して大股で歩くといった感じですね。

ウォーキングは少し息がはずむ程度が
最も効果的といわれています。

「ハッ、ハッ」というくらいの呼吸で、
さっさっとリズミカルに歩いていきましょう。

腕を大きく振り、腰をひねるようにすると
歩幅も広げやすくなります。

ウォーキングが習慣化してくれば
じっくりと脂肪を燃やし、痩せやすくするだけで
なく、心肺機能が高まり、
運動能力が上がりますからセルライトはおろか
無駄な脂肪も減っていきますね!

こうなったらしめたもの。

歩く速度をさらに高め、キュッと引き締まった
カッコいいヒップもつくってくれます。

ウォーキングを続けると以前ほど脈拍も
上がらなくなってきますが、
これは効果が現れた証拠です、意識して距離も延ばしましょう。


最低限、一日5000〜6000歩は歩く生活が
望ましいみたいです。理想は1日1万歩。

すでにセルライトができてしまっている場合には、
こまめに歩くことに加えて、1日1時間を目安に
ウォーキングするとよいみたいです。

それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ法が良いかと思います。

(お尻)

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。

(ふくらはぎ)

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。

(太もも)

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。

スポンサードリンク

セルライト対策(その3)

スポンサードリンク

セルライト対策 (その3) 

セルライトの原因を解消できる食材がある事を
ご存知でしょうか?

セルライトの原因を解消することができれば
セルライトに悩む必要はなくなりますね。

今回はそんな食材を紹介したいと思います。

ただし一つ注意点があります。この食材も、100%効果があるというわけではないんです。
人により個人差があり、体質によって異なる場合もありますので
一般的にという事を前提にお話しします。


脂肪吸引などの高額を払う事を考えたら日ごろの
食生活の見直しをするほうがよほど安いので試す価値ありです。
手術より食生活の見直しのほうが先だということですね!

ではご説明させていただきます。

セルライトの原因を解消するための食材とは

基礎代謝アップ食材と合わせて摂りたいのが、
セルライトの原因を解消するための食材です。

「冷え」「血行不良」「むくみ」などのそれぞれの症状を
改善するの効果的な食材を集めてみました。

冷え・血行不良

冷えは、主に血行不良が原因で起こります。
血液の循環をよくするためには、
血中の善玉コレステロールを増やし、
活性酸素を減らして、
血液をサラサラに保つことが大切です。

また身体を温める食材も一緒に摂取しましょう。

(主な食材)

明日葉 モロヘイヤ トマト にんじん 
玉ねぎ まぐろ かぼちゃ しょうが 
唐辛子 にんにく

むくみ

むくみの解消には、水分の代謝を高め、塩分を体外に
排出する働きをするカリウムの多い食品が効果的です。

ビタミンB1やタンパク質と合わせて
摂取することで、さらに水分代謝がアップします。

また、むくみは、塩分の摂りすぎが原因なので、
塩分を摂り過ぎないように気をつけてください。

(主な食材)

じゃがいも いんげん トマト きゅうり アボカド


老廃物の排出

特に食物繊維の多い食材を積極的に
摂取するとよいでしょう。

食物繊維は、腸の中で余分な水分や老廃物を
吸収して便として排出してくれます。

また、ヌメリ成分であるアルギン酸や
レンチシンなども、老廃物や余分な
コレステロールを排出するのに効果的です。

(主な食材)

ごぼう わかめ しいたけ えのき茸 かぶ(生食で)

ホルモンバランス

ホルモンはビタミンやミネラルとは違い、
体内にある細胞でしか作れないため、
食事で補給するのは難しいようです。

しかし、体内で女性ホルモン(エストロゲン)と
似た働きをする成分を含む食材があるので、
それを工夫して摂るようにしましょう。

また、ホルモンバランスは、
自律神経と密接な関係にあります。

自律神経を整えるために、規則正しい生活や
ストレスの解消を心がけることも大切です。

(主な食材)

大豆製品(豆腐 納豆など) えんどう豆 
ナッツ類 かぼちゃ アボカド


※それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ法が良いかと思います。

〜太もも〜

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。

〜ふくらはぎ〜

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。


〜お尻〜

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。


スポンサードリンク

セルライト対策(その2)

スポンサードリンク

セルライト様々な対策方法

セルライト対策 (その2) 

食生活を改善することでセルライトの対策ができる事を
ご存知でしょうか?

生活していく上で欠かすことができない食生活でセルライト対策ができることを詳しく知ることができれば、日ごろの食生活でも気をつけることができますね。

それでは、詳しく説明していきます。

食生活の改善 基礎代謝アップ食材とは

セルライトを予防・改善するためには、
基礎代謝をアップし、やせやすく太りにくい
体を作ることが大切です。

基礎代謝を高める栄養素と食材を調べてみましたので、
ご紹介します。ぜひ栄養のバランスをとりながら
上手に食事に取り入れてみてください。

基礎代謝を高める栄養素

■ タンパク質

タンパク質が不足すると、体温が下がり、
代謝が低下します。

ダイエット中は高タンパク低カロリーの
食材を摂るように心がけてくださいね。

[主な食材]
鶏のささみ 白身の魚 豆腐
■ ビタミンB群

ビタミンB1には糖質を分解する力が、
B2には脂肪をエネルギーに変える力があります。

どちらも水溶性ですので、
煮汁といっしょに食べる汁物や鍋料理がおすすめです。

[主な食材]
ビタミンB1・・・豚肉 鮭 カツオ 大豆 レバー
ビタミンB2・・・納豆 卵 牛乳 青魚 小松菜


■ カプサイシン

唐辛子に含まれる辛味成分で、血行をよくし、
体を温めて代謝を活発にしてくれます。

唐辛子入りの調味料を上手に取り入れてみてください。

[主な食材]
キムチ 唐辛子 豆板醤 コチュジャン 七味唐辛子

それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ法が良いかと思います。

◇お尻◇

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。

◇太もも◇

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。

◇ふくらはぎ◇

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。




スポンサードリンク

セルライト対策(その1)

スポンサードリンク

セルライト様々な対策方法

セルライト対策 (その1)

※生活環境の改善


セルライト対策の1つに思い切って生活環境を変えてしまうという方法があります。

この方法は単純に生活の環境が変わることで
食事の質や量の変化や睡眠の変化、運動量の変化、といったとても
シンプルな方法です。

セルライト原因の1つに運動量の多少なども含まれる為
それなりに効果は見込まれます。

また、生活環境の変化により日ごろの
ストレスによるセルライト対策も
変わることでしょう。

不規則な生活、仕事や人間関係によるストレス、
バランスの悪い食事、汚染された環境など。

現代は、自律神経をマヒさせ、
体調を崩す要因だらけのようです。
精神力の強さだけではもたないようですね?

セルライトを作り出した原因を把握して、
その原因を取り除くために、
まずは、生活環境を改善していきましょう。 

一度に改善するのは難しくても、
できることからひとつずつ、
変えていくようにすると、いいみたいです。

たとえば、睡眠時間が短くても、
できるだけ深くぐっすりと眠れるように工夫したり、
ゆったりとリラックスできる時間を持つようにするとか。

毎日の暮らしにメリハリをつけるだけでも、
生活リズムが整ってくるようです。

まずは、セルライトを生み出す外的要因を、
少しずつ見直していきましょう。


それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ法が良いかと思います。

■お尻のマッサージ法

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。

■太もものマッサージ法

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。

■ふくらはぎのマッサージ法

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。




スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。