セルライトは顔にもできるんです

スポンサードリンク

セルライトは顔にもできる

最近、話題になりつつあるのが、お顔のセルライトです。

体のセルライトのように、皮膚の表面がデコボコに
なるようなことはなくても、
むくみやたるみの原因になるらしいです。

セルライトというのは、組織が不用になった老廃物や脂肪が
リンパの働きが悪いせいで、たまっている状態。
代謝が落ちているとできやすくなります。

あなたならどうしますか!
セルライトが顔にできてしまうなんて
信じられないことが起きたら困りますね!
予防対策はいったいどのようにしたらいいのでしょうか?

この続きは、また明日書きたいと思います。



セルライト豆知識

セルライトとは、体重増加やホルモンバランスの変化、老化などによって、血行不良や脂肪の代謝不良が発生して、体外に排出することができなかった老廃物や水分などが皮下脂肪(脂肪細胞)に付着してできた塊を指します。

この塊は厄介なことに、一度できてしまうと簡単に落とすことができません。おまけに時間が経てば経つほど状態は悪化してしまうのです。

基本的には男性にはつきにくく、女性につきやすいという特徴がセルライトにあります。

女性の方は要注意です!

これは、女性の方が、皮下脂肪がつきやすく、また筋力が弱いために下半身太りになりやすいことに起因します。

ただし、男性にはセルライトがまったくないということではなく、肥満体型の男性の腹部には間違いなくセルライトが付いています。

女性だけではなく男性も要注意ですよ、安心してはいられませんね!

フランス語が語源のセルライトは細胞を表す単語(Cellule)と鉱物を表す接尾語(ite)が合体したものだと言われています。

1970年代初めに作られた造語で、1980年代になってから本格的に研究が始まりました。この分野での先進国はイタリアです。

イタリアでは、セルライト対策への関心が高く、セルライト対策商品も充実しているそうです。

スポンサードリンク

顔にできるセルライトとは(2)

スポンサードリンク

◆顔にできるセルライトとは(2)

セルライトが顔にできてしまう事を前回お伝えしました。
最近、話題になりつつあるのが、お顔のセルライトです。
脂肪吸引できるのでしょうか?

体同様、皮下脂肪が増大することによって、
リンパ管や血管が圧迫され、たるみ・むくみだけではなく、
顔色も悪くなり、くすみやクマも目立ちやすくなるそうです。

顔のむくみ防止には、
首を回す運動でリンパの流れをよくする方法もあります。
「首を回すと凝りはほぐれるが、
頚椎の老化を早める」ということを聞いた覚えがあります。
(間違っていたらすみません。)
首はデリケートな部分なので、痛めやすいところ。
回す運動は慎重に様子をみてやってほうがいいでしょう。


これらは、運動不足や食べ過ぎや、加齢による代謝の低下などが原因となっているようです。

ほうっておくと、
さらに代謝機能が低化して、むくみもどんどん進んでしまうという。

セルライトができないようにするにはというと、
代謝を落とさない事です。
代謝を落とさないためには、運動、食事の改善、
マッサージなどが有効。

セルライト予防というより、
健康全般に良さそうなことですけれど。
体はつながっているのですし、
顔のセルライトだけ防ぐより、体全体の体質を改善し、
セルライトができにくくするほうが良いということかも。

運動については、体全体の運動のほか、
顔の筋肉の運動もやったほうが良いと思います。

30歳を境に代謝は、どんどん低下していくので、
シミ、シワ同様、お顔のセルライトに対するケアも
必要になってくるわけですね。

運動や食事改善、マッサージなど、代謝を上げる努力を行いましょう。

食事をゆっくりとよく噛むということも顔の筋肉運動になって効果的みたいです。

スポンサードリンク

セルライトタイプ別(3)

スポンサードリンク

セルライトの主な特徴をタイプ別に説明します。

セルライトの特徴

1.体のどこかにできると、さらなる血行の妨げになり、
脂肪細胞同士がくっついて更に大きな塊に増殖するという厄介者。

2.ダイエットやエクササイズでは、
脂肪・老廃物・コラーゲンによって
固められたセルライトは代謝されないんです。
これが困りものなんです。

3.セルライトのある場所は体温が低い
セルライトは肥満と違い、脂肪細胞が血管から遊離し、
老廃物やコラーゲンによって固めるため、温度が伝わりにくい。
燃焼することができない?


セルライトの対象者

1.思春期以降の女性
2.太った方から痩せた方までほとんどの女性
3.欧米での最新調査では成人女性の80%に見られる
最近の研究から、セルライトはいくつかのタイプに分類で
きることがわかってきました。

セルライトの症状

1.お尻や太ももにできやすい
2.皮膚の表面がオレンジの皮のように凹凸になる
*欧米では“オレンジピールスキン”と呼ばれ、忌み嫌われている
3.肌がかさつく


それぞれのタイプの特徴を正確に把握して、
自分のセルライトがどれにあてはまるかチェックした上で、
それに合わせた対策を実行することが大切です。

これらをせずに間違った対処法を続けても、
効果が上がらないばかりでなく、
かえって悪化させてしまうこともあるそうですから
気をつけてくださいね!


※ 浮腫(むくみ)型セルライト タイプその3

全体の35%。むくみや冷え性を伴う女性に多くみられるタイプ。
比較的落としやすく、全身の代謝アップや局所レベルでの
代謝を上げる方法をメインに行うとよいみたいです。


※ 筋肉質型セルライト タイプその4

全体の5%。若い頃に運動で鍛え、現在は運動不足で筋力が
低下している人に多くみられるタイプ。

最も落としにくいタイプでもあるようです。

医療機関や自宅で根気よく対処し続ける必要があるみたいです。


セルライト一口メモ

むくみや冷えとセルライトの悪循環

一般的に言われているのは、冷え性やむくみ体質の人はセルライトができ

やすく、逆にセルライトがあると冷えやむくみの原因となると考えられて

います。まさに悪循環です。

自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが崩れたり、冷え性だったりする

と、血行不良が起こり、新陳代謝が悪化して老廃物が溜まり始める。そし

て、皮下組織で血行不良によるむくみがでてきます。

脂肪細胞は、普通の状態では血管の近くにあって、ほかの細胞と同じ様に

代謝を行っています。血行不良になるとその脂肪細胞が遊離しはじめて、

遊離した脂肪細胞は血液中の老廃物を付着させながら代謝の乱れを起こし

、周囲の正常な脂肪細胞を巻き込み、2〜3倍の大きさに肥大化するんです


脂肪細胞が肥大化すると、血行不良状態の血管がさらに圧迫され、血行障

害が進行します。ほうっておくと脂肪細胞の遊離をますます促進すること

になり、セルライトがどんどん増え、さらなる血行不良や代謝不良を引き

起こします。また、脂肪細胞の周りにあるコラーゲンの代謝も低下するた

め、コラーゲンが固く変質してしまいます。

スポンサードリンク

セルライトタイプ別(2)

スポンサードリンク

セルライトの主な特徴をタイプ別に説明します。

セルライトの特徴

1.体のどこかにできると、さらなる血行の妨げになり、
脂肪細胞同士がくっついて更に大きな塊に増殖するという厄介者。

2.ダイエットやエクササイズでは、
脂肪・老廃物・コラーゲンによって
固められたセルライトは代謝されないんです。
これが困りものなんです。

3.セルライトのある場所は体温が低い
セルライトは肥満と違い、脂肪細胞が血管から遊離し、
老廃物やコラーゲンによって固めるため、温度が伝わりにくい。
燃焼することができない?


セルライトの対象者

1.思春期以降の女性
2.太った方から痩せた方までほとんどの女性
3.欧米での最新調査では成人女性の80%に見られる
最近の研究から、セルライトはいくつかのタイプに分類で
きることがわかってきました。

セルライトの症状

1.お尻や太ももにできやすい
2.皮膚の表面がオレンジの皮のように凹凸になる
*欧米では“オレンジピールスキン”と呼ばれ、忌み嫌われている
3.肌がかさつく


それぞれのタイプの特徴を正確に把握して、
自分のセルライトがどれにあてはまるかチェックした上で、
それに合わせた対策を実行することが大切です。

これらをせずに間違った対処法を続けても、
効果が上がらないばかりでなく、
かえって悪化させてしまうこともあるそうですから
気をつけてくださいね!


タイプその2 線維化型セルライト

全体の10%がこのタイプ。肉眼でも皮膚表面上に
デコボコができているのがわかります。

ちょっとやそっとでは落ちない頑固で厄介なタイプのようです。

残念ながら医療用のマシンなどを使わないと、
なかなか落とすのが難しいみたいです。

セルライト一口メモ


セルライトとは、体重増加やホルモンバランスの変化

老化などによって、血行不良や脂肪の代謝不良が発生して

体外に排出することができなかった老廃物や水分などが

皮下脂肪(脂肪細胞)に付着してできた塊ということです。

この塊は厄介なことに、一度できてしまうと

簡単に落とすことができません。

おまけに時間が経てば経つほど状態は悪化してしまうのです。

基本的には男性にはつきにくく

女性につきやすいという特徴がセルライトにあります。

これは、女性の方が、皮下脂肪がつきやすく

また筋力が弱いために下半身太りになりやすいことに起因します。

ただし、男性にはセルライトがまったくないということではなく

肥満体型の男性の腹部には間違いなくセルライトが付いています。

フランス語が語源のセルライトは細胞を表す単語(Cellule)と鉱物を表す

接尾語(ite)が合体したものだそうです。

1970年代初めに作られた造語で、1980年代になってから本格的に研究が始

まりました。

この分野での先進国はイタリアです。

イタリアでは、セルライト対策への関心が高く

セルライト対策商品も充実しているそうです。

スポンサードリンク

セルライトのタイプ別(1)

スポンサードリンク

セルライトの主な特徴をタイプ別に説明します。

セルライトの特徴

1.1つできると、さらなる血行の妨げになり、
脂肪細胞同士がくっついて更に大きな塊に増殖する

2.ダイエットやエクササイズでは、
脂肪・老廃物・コラーゲンによって
固められたセルライトは代謝されない

3.セルライトのある場所は体温が低い
セルライトは肥満と違い、脂肪細胞が血管から遊離し、
老廃物やコラーゲンによって固めるため、温度が伝わりにくい


セルライトの主な対象者

1.思春期以降の女性
2.太った方から痩せた方までほとんどの女性
3.欧米での最新調査では成人女性の80%に見られる
最近の研究から、セルライトはいくつかのタイプに分類で
きることがわかってきました。

セルライトの症状

1.お尻や太ももにできやすい
2.皮膚の表面がオレンジの皮のように凹凸になる
*欧米では“オレンジピールスキン”と呼ばれ、忌み嫌われている
3.肌がかさつく


それぞれのタイプの特徴を把握して、
自分のセルライトがどれにあてはまるかチェックした上で、
それに合わせた対策を練りましょう。

これらのチェック項目をよく把握しないで間違った対処法を続けていると効果が上がらないばかりでなく
かえって悪化させてしまうこともあるそうですよ。


タイプその1 脂肪型セルライト

セルライトがある人の全体の50%がこのタイプ。

各年齢層に見られ、比較的落としやすいのが特徴です。

対処法としては、脂肪を落とすための一般的なダイエットを
メインに行うとよいみたいです。

と言っても簡単にはいかないのがセルライトなんですね〜

自分なりに考え、調べて対処する必要があるかも?・・・・・


セルライト一口メモ

セルライトというのは、簡単に一言でいうと、
特殊な脂肪の塊のようなものなんです。

毛細血管から排出された水分や老廃物などが、
血行不良のため適切に処理されないで
脂肪と皮膚の間にある皮下脂肪細胞内でシリコンのような
塊になった状態のことををいいます。
 

太腿や二の腕を握って絞ってみると、
みかんの皮のようなデコボコが出る場合があると思います
そのデコボコの正体が セルライト なのです。

お尻や太ももなど、脂肪が多く血行の悪いところに
できやすい特徴を持っています。

スポンサードリンク

セルライトの主な特徴とは〜セルライトについて

スポンサードリンク

セルライトについて


セルライトの主な特徴とは?
済み
1つセルライトができてしまうと、
さらにその周辺の細胞の血行が悪くなります。

脂肪細胞同士がくっついて
「結節(グリグリした脂肪の塊のようなもの)」ができてしまいます。

この「結節」は、セルライトの特徴を最もよく表わした症状です。

結節はまた、さらに他の脂肪とくっつき、どんどん肥大化していきます。

セルライトは、コラーゲンによって凝固するため、
代謝されず、熱が伝わりにくいという特徴があります。


※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。

またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

術後の経過を無料で写真などで紹介しているところもチェックしましょう。

脂肪吸引に関する個人のブログ等も参考に見るといいと思います。

高須クリニックは老舗の美容外科ですね。

東京、名古屋、福岡、大阪 心斎橋などの大都市圏には大手のクリニックがあります。

スポンサードリンク

セルライトができる原因とは〜セルライトについて

スポンサードリンク

セルライトについて

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。

またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

術後の経過を無料で写真などで紹介しているところもチェックしましょう。

脂肪吸引に関する個人のブログ等も参考に見るといいと思います。

高須クリニックは老舗の美容外科ですね。

東京、名古屋、福岡、大阪 心斎橋などの大都市圏には大手のクリニックがあります。


セルライトができる原因とは?


セルライトは、女性の8割以上に見られる現象です。
ホルモンバランスの乱れや老化、
そして肥満によって皮下脂肪の細胞が変化し、
リンパ液や血液の流れが悪くなり、
老廃物が付着して皮膚の表面がデコボコに
なってしまうことを指します。

しかもセルライトは一度出来るとどんどん増殖し、
脂肪層が厚くなってしまうので、
ダイエットの大敵とも言えます。


セルライトは、血行不良やリンパ液が流れにくくなることにより、
エネルギーの代謝が低下したためにできてしまうようです。  

血行不良による冷え性の人、ふだんほとんど運動をしない人、
体がむくみやすい人、つねに身体を締め付けるような
下着を着用されている人、塩分を摂りすぎる人、などなど。

そのような人は、体内の老廃物や余計な水分がたまって
セルライトがつきやすいので、注意が必要です。

そのほかに、食生活の偏り、消化不良、必須栄養素の不足、
なども原因となるそうです。

太っていなくても、加齢や更年期、出産などによって、
セルライトがいつの間にか付いてしまうということも
よくあるようです。

まとめてみますと、

原因その1 運動不足による栄養過多の生活

デスクワークなどで、ほとんど体を動かさないのに、
おいしいものをたくさん食べるグルメな食生活を繰り返し、
その結果、セルライトが・・・

原因その2 体内の代謝・内分泌環境の変化

娠や更年期などで女性ホルモンのバランスが大きく変化する時や、
生理などの周期的なホルモンバランスの変化が影響するようです。
その結果、セルライトが・・・

原因その3   冷えやむくみ

冷えやむくみは、血液の循環が悪く、脂肪の燃焼にも悪影響を与えます。
その結果、セルライトが・・・

原因その4  加齢による老化

歳をとると代謝が低下して、筋力を衰え、皮膚もたるみんできます。
さらに血管やリンパも圧迫されて、その結果、セルライトが・・・

原因その5  筋肉を使わない生活

リンパの流れは、筋肉の動きによって作られるため、
筋力が落ちるとリンパの流れは低下します。

筋肉を使わないとどんどん悪化していきます。

その結果、セルライトが・・・

セルライトを作らないようにするには

1:運動をする

セルライトができる原因の一つが「運動不足」。
運動をしない人はリンパ液の循環も悪くなっています。
積極的に運動をしましょう。

2:規則的な生活を送る

寝不足や夜中の飲食など、
不規則な生活は自律神経のバランスを崩す原因となります。
夜はぐっすり眠り、ストレスを溜めない健康的な生活をしましょう。

3:お風呂でマッサージ

 冷え性の人は血行が悪く、
セルライトのできやすい体質です。
お風呂でむくんでいる部分をマッサージするだけで、
血行やリンパ液の流れがよくなります。

また、温かいお風呂に入った後に冷たいシャワーを
浴びる「温冷療法」は自律神経の働きを高めるので、
セルライト予防に効果的です。

スポンサードリンク

セルライトってなんのこと〜セルライトについて

スポンサードリンク

セルライトについて

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。



セルライトってなんでしょうか?

セルライトとは、ひとことでいえば、
特殊な脂肪の塊のようなものです。 

太腿や二の腕を握って絞ってみると、
みかんの皮のようなデコボコが出ませんか?
そのデコボコの正体は セルライト です。

お尻や太ももなど、脂肪が多く血行の悪いところに
できやすくなっています。

毛細血管から排出された水分や老廃物などが、
血行不良のため適切に処理されず、
脂肪と皮膚の間にある皮下脂肪細胞内でシリコンのような
塊になった状態をいいます。

セルライトは、小さなものが1つ出来ると、
周辺に出来た他のセルライトと結合して、
さらに厚みを増し硬くなってゆき、
肉眼でも確認できるほどになります。

セルライトとは、思春期以降の、太った人から
痩せた人までほとんどの女性に見られる現象で、
皮下組織の血行不良が原因。

皮膚表面がオレンジのように凸凹になるため、
見た目にも悪いばかりか肌がかさつく原因にもなります。

さらには、セルライトができると、
脂肪層はますます厚みを増すことになります。

このセルライトがやっかいなのは、
いくらダイエットしても、エクササイズをしても、
脂肪や老廃物が代謝されないこと。

つまり、体重が落ちても下半身のサイズが
変わりにくい原因は、セルライトにあったのです。

このセルライトを取り除くには、
血行不良を改善する必要があります。

血行不良の改善に効果的なのは、
暖かくしてマッサージをつづけることです

皮膚の表面がオレンジの皮のように凸凹になることから、
欧米ではオレンジピールスキンと呼ばれています。
セルライトは、見た目にも悪いばかりか
肌がかさつく原因にもなります。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。