クリスクロス法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

脂肪吸引の種類

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。



クリスクロス法とは

クリスクロス法は、 カニューレ(吸引管)を、
数箇所に挿入して、クロスさせるように
吸引を行う方法です。


脂肪吸引は今、とっても安全で、
改良されています。

1921年に脂肪吸引は開始され、
1977年にフランスの医師によって始められたのが
カ二ューレ法が現在の主流となっております。

その後、出血を最小限に抑え、
広範囲に行えるウエットメソットが
開発されました。

1980年代にむらある凸凹を減らす
クリスクロス法が登場しました。

1990年にチューメセント法、
1992年にはUltrasonic liposuctionが
発表されました。
吸引前に超音波で脂肪細胞を破壊することにより、
吸引力を高めました。

このように脂肪吸引は機器と技術の進化して、
現在は安全面と効率面が高まりました。


従来の脂肪吸引は一箇所だけで吸引を行うと、
どうしても取り残しや、でこぼこができやすくなります。

クリスクロス法は、これらの欠点をカバーするために
生み出された方法といえます。

複数の切開部よりカニューレ(吸引管)を
挿入し、吸引をまんべんなく行うことにより、
皮膚表面のでこぼこが極力抑えられ、
施術後の皮膚の引き締め効果もアップします。

ただし、複数の切開部の傷跡を目立たなくするために、
なるべく小さく切開したり、スキンプロテクターで
保護するなどの対策が必要になってきます。



スキンプロテクター

カニューレの細かい振動により生じる摩擦熱による
火傷から皮膚を保護するために使用される器具です。

スポンサードリンク

PAL法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

脂肪吸引の種類

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。料金も格安の美容外科もでてきています、またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

東京、名古屋、福岡、大阪 心斎橋などの大都市圏には大手のクリニックがあります。

高須クリニックなどは老舗の美容外科ですね。

脂肪吸引に関する個人のブログ等も参考に見るといいと思います。

術後の経過を無料で写真などで紹介しているところもチェックしましょう。



PAL法とは?

PAL(Power Assisted Liposuction)法は、パワー吸引とも呼ばれ、

ハイパーインフレート法とPALシステム
(カニューレの先を高速で振動させる脂肪吸引装置)が
融合した最強の脂肪吸引方法です。

従来のチューメセント法の技術は、
深層の麻酔は容易でしたが、
ハイパーインフレート法との併用により、
脂肪層の中間部、更に表層部までの
麻酔が可能となり、皮膚への損傷がほとんど無く、
身体への負担を軽減し、
細部にわたる施術が容易になりました。


チューメセント法を進化させ、中間層や表層部分のの麻酔を
充分に可能にしたのがハイパーインフレート法ですが、
そのハイパーインフレート法にPALシステムによる
「人の手では、真似のできない細かいカニューレの動き」が
加わることになりました。


脂肪吸引と同時に、バストへの脂肪注入による
豊胸術でバストアップを行うように、
他の部位へ脂肪注入する施術にも使用されています。

PAL法により、さらに繊細で理想的なボディラインの実現が
可能になったわけです。

しかも、PAL法は、施術時間も短時間で、
身体への負担も少ないことも、ありがたい特徴と
して挙げることができます。

PAL方式の脂肪吸引装置は1998年の12月にFDA 
アメリカ食品薬品局にて
(U. S. Food and Drug Administration)
一般的使用について承認を受けた安全な機器です。

スポンサードリンク

ハイパーインフレート法とは 〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

脂肪吸引の種類

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

東京、名古屋、福岡、大阪 心斎橋などの大都市圏には大手のクリニックがあります。

高須クリニックなどは老舗の美容外科ですね。

最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。料金も格安の美容外科もでてきています、またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

脂肪吸引に関する個人のブログ等も参考に見るといいと思います。

術後の経過を無料で写真などで紹介しているところもチェックしましょう。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。



ハイパーインフレート法とは
ハイパーインフレート法は、従来のチューメセント法の技術では
困難だとされていた中間層、表層への麻酔を可能にした方法です。
簡単に説明するとチューメセント法を進化させた方法という事ですね。

ハイパーインフレート法はではどの様に行うか?なんですが

吸引前に麻酔薬を薄めた生理食塩水を皮下脂肪層に注入し、
痛みを抑えながら脂肪をふやかして施術を行います。 

この方法によってカニューレが簡単に操作できるようになり、
出血を抑えながら大量の脂肪の吸引が可能になりました。

術後の皮膚表面のでこぼこも抑えられます。

医師の腕の所もありますので
病院選びは必要です。

スポンサードリンク

超音波脂肪吸引法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

脂肪吸引の種類

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。


最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。料金も格安の美容外科もでてきています、またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

術後の経過を無料で写真などで紹介しているところもチェックしましょう。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。


脂肪吸引に関する個人のブログ等も参考に見るといいと思います。

高須クリニックは老舗の美容外科ですね。

東京、名古屋、福岡、大阪 心斎橋などの大都市圏には大手のクリニックがあります。



超音波脂肪吸引法とは

病院の検査などで、皮膚の上から超音波(エコー)をあて、
内臓や赤ちゃんの様子を見るのをご存知でしょう。

このように超音波というのは人体に影響を全く与えず、
使用方法によっては様々なことが可能です。

こういった優れた超音波の力を脂肪吸引に利用したのが、
超音波リポサクションです。


超音波は、人間の耳では、とらえることができない
周波数の高い音波で、20キロヘルツ以下の周波数を持っています。

ちなみに、人間の耳で聞き取れる周波数は、
30キロ〜20キロヘルツの範囲だそうです。

脂肪吸引では、脂肪組織を分解したり、
脂肪組織をやわらかくするために、
超音波の振動力が利用されます。

ただ、振動する時に摩擦熱が生じ高温になるため、
冷却装置が必要になってきます。

従来の優れた脂肪吸引の手術技術に付け加え、
超音波による施療ですので安全性も確立されています。
また、超音波の時間調整で希望の量だけの吸引が可能との事。

超音波脂肪法には、体内式と体外式の2種類の方法があります。 

体外式

吸引を行いたい箇所に超音波を照射し、
その温熱により脂肪組織をやわらかくさせてから、
カニューレによって吸引を行う方法です。

体外式のよい点は、施術中・施術後の痛み、腫れが少なく、
吸引のムラが発生しにくいところです。

また、吸引した脂肪を胸などの注入用に再利用することもできます。
(体内式はできません)

しかし、表皮に熱傷を起こす可能性があることが難点として挙げられます。

スポンサードリンク

超音波脂肪吸引法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

脂肪吸引の種類

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。料金も格安の美容外科もでてきています、またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。


脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

術後の経過を無料で写真などで紹介しているところもチェックしましょう。




超音波脂肪吸引法とは

病院の検査などで、皮膚の上から超音波(エコー)をあて、
内臓や赤ちゃんの様子を見るのをご存知でしょう。

このように超音波というのは人体に影響を全く与えず、
使用方法によっては様々なことが可能です。

こういった優れた超音波の力を脂肪吸引に利用したのが、
超音波リポサクションです。


超音波は、人間の耳では、とらえることができない
周波数の高い音波で、20キロヘルツ以下の周波数を持っています。

ちなみに、人間の耳で聞き取れる周波数は、
30キロ〜20キロヘルツの範囲だそうです。

脂肪吸引では、脂肪組織を分解したり、
脂肪組織をやわらかくするために、
超音波の振動力が利用されます。

ただ、振動する時に摩擦熱が生じ高温になるため、
冷却装置が必要になってきます。

従来の優れた脂肪吸引の手術技術に付け加え、
超音波による施療ですので安全性も確立されています。
また、超音波の時間調整で希望の量だけの吸引が可能との事。

超音波脂肪法には、体内式と体外式の2種類の方法があります。 

体内式

超音波の振動する力を利用して、脂肪を吸引しながら同時に
脂肪組織を破壊していく方法です。

施術には、超音波を発するカニューラが使用されます。

体内式のよい点は、

施術中・施術後の、痛み、腫れ、出血が少なく、
吸引のムラが発生しにくいことです。

しかし、カニューラの直径が太くなり、
手術時間が長くなることが難点として挙げられます。

スポンサードリンク

浅層脂肪吸引法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

◆脂肪吸引の種類◆

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。料金も格安の美容外科もでてきています、またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

◆浅層脂肪吸引法とは

浅層脂肪吸引法は、1991年にイタリアで開発された、
皮下脂肪の浅い部分を吸引する方法です。

浅層の脂肪吸引では、不均一な吸引が行われた場合、
皮膚表面に凹凸が出来やすいので、均一に吸引するために、
施術は、高い技術の元、慎重に行われる必要があります。

浅層脂肪吸引術のポイント

・均一な脂肪吸引

浅層の脂肪吸引では慎重な治療計画と
繊細な治療が要求される。

不均一な吸引が行われた場合は皮膚表面に
凹凸が出来やすいので、医師の習熟度が重要となる。

通常の脂肪吸引法を経験し症例を
積んだ医師により行われるのが望ましい。

この方法により、皮膚のたるみを抑えることができるので、
たるみが生じやすい、下腹部や臀部が、施術の適応部位とされています。

この方法のメリットは、皮下脂肪の低下による皮膚の
たるみを抑えることが出来る点にある。

深部の皮下脂肪のみを吸引すると皮膚の重さによってたるみを
生じることがあるが、皮膚表面に近い部分の脂肪を
減らすことで皮膚の重量を少なくし、
たるみにくい脂肪吸引を行うことが出来るのである。

スポンサードリンク

シリンジ法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

◆脂肪吸引の種類◆

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。料金も格安の美容外科もでてきています、またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

◆シリンジ法とは

シリンジ法は、カニューレなどの吸引管を使用せずに、
陰圧のかかる注射器で丁寧に脂肪を吸い出す方法です。

シリンジ法は、皮下組織や血管への侵襲を最低限に抑えられ、
手術後の皮下出血、痛み、腫れがほとんどなく、
一度に全身の脂肪吸引をすることもできるくらい安全な方法です。

手作業により、数CCレベルでのきめ細かな吸引や、
脂肪吸引量を正確に測ることができるので、
ボディラインの微妙な調整も可能になります。

また、この方法のメリットは、皮下組織や血管などの他の組織を
傷つけることなく吸引ができ、出血や痛みなども少なく、
術後の回復も早いことなどです。

ただし、日本では、まだあまり普及しておらず、
深部のみに適した方法であり、浅い部分の脂肪吸引には
適さないことが難点です。

また、施術には、高度な技術を要するので、
熟練した腕のいい医師を見つけ出すのが、まだまだ困難のようです。

深部の多量な脂肪を滑らかに取り除くのに適した施術で、
カニューレ(吸引管)を使わずに脂肪吸引専用の注射器を使用し、
手作業で丁寧に吸引をおこないます。

気になるところをピンポイントで取ることができ、
他の組織も傷つけることがないので、
安全性の高い施術法だといえます。

特長として、繊細な調整が可能で、体への負担が少なく、
日帰りで手術を行うことができます。

スポンサードリンク

チューメセント法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

脂肪吸引の種類

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

チューメセント法とは


Tumescent Technique
(チューメセント法=スーパーウエット法=ハイパーウエット法)
脂肪吸引は開発から最初の10余年は、
血液吸引などと揶揄される位に出血が多く、
昭和60年代は自己血輸血
(自分の血液を3週間位前に取って術中輸血する)が
行われていました。

Dr.木村もその頃から脂肪吸引を開始し、
大変物騒な手術との感を持っていました。

また吸引管が外国製の太い物が多かったせいもあり、
凹凸醜形もザラでした。
それがチューメセント法
(吸引前に水溶液を多量に脂肪層に浸潤)の
確立で様相が一変し、ほとんど出血せずに大量に
吸引できるようになり、また凹凸も見なくなりました。


チューメセント法は吸引前に、
鎮痛効果や脂肪細胞をふやかす効果のある溶液を
注入する方法で、現在最も一般的な方法で
あるとされています。

溶液は、止血作用や麻酔効果を上げる働きを
持つエピネフリンや局所麻酔剤のリドカインを
大量の生理食塩水で薄めたものです。

この方法によって、鎮痛効果と出血抑制効果の両方が可能になりました。


また、脂肪組織が柔らかくなることで、
吸引できる脂肪の量がも増え、微小血管などへのダメージも少なくなり、
出血、腫れといった術後の合併症が軽減されるようにもなりました。

チューメセント法が開発される以前は、脂肪吸引の施術は、
出血量が非常に多く、輸血を必要としましたが、
この方法が確立されてからは、輸血が必要となるケースは
大幅に減少したようです。

スポンサードリンク

顔の脂肪吸引

スポンサードリンク

各部位の脂肪吸引について


顔の脂肪吸引の効果

顔のまわりの脂肪細胞は、蓄積されやすくて、落としずらい、
という特徴をもっています。

顔の脂肪吸引は大きい顔や
シモブクレタイプの顔の場合に有効な方法です。

顔の余分な脂肪を局所的に吸引することで、
スッキリとした小顔になります。


顔の輪郭は、骨格・筋肉・皮下脂肪などによって決定されるのです。

とりわけ「皮下脂肪」は輪郭の形成にかなりの影響を及ぼしていて、
皮下脂肪がどの部分に、どれくらい付いているかによって
決定されるとお考えになってもいいと思います。

顔が大きく見えてしまう原因のひとつは、頬やアゴについた脂肪が原因です。

頬についた脂肪は、耳の後ろから脂肪を吸引するので
施術の跡もほとんどく目立ちません。

これらの余分な脂肪を吸引することで、フェイスラインが
クッキリとシャープになります。


アゴの脂肪は、アゴの下のシワに沿ってカニューレを
挿入し吸引します。

施術時間の目安は約30分くらいです。

手術後、約1週間ほど腫れます。

頬・顎の脂肪吸引後は、1ヶ月〜6ヶ月かけて、
徐々に引き締まっていきますので、
かなりのご高齢の方でない限りは、
皮膚がたるんでしまうということもありません。



スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。