脂肪吸引の効果

スポンサードリンク

◆脂肪吸引の効果とは?


人間は、必要以上にカロリーを摂取すると
脂肪に変わり、体内に備蓄します。

その脂肪細胞を外科的手術で一気に取り除いてしまうのが
脂肪吸引です。

過激な合理主義とでも申しましょうか?単純でわかりやすいと思います。

吸引可能な量は、体の部位、その人の肥満度や
筋肉質などにより決まります。
(注:暴飲、暴食などの話は別です)

また身体で劇的効果が
現れるケースもあるのは臀部(お尻の部分です)と、大腿部です。

一般に脂肪吸引の効果が少ない部位、変化があまり実感できない場所は
臀部・大腿>腹部>上腕>ふくらはぎ・足首と考えておいたほうがよいでしょう。

少しスポット的な説明で解かりづらいところも有ると思いますので
さらに詳しく脂肪吸引の効果についてお話しますね。

脂肪吸引は、外科的手術で、直接脂肪を取り除くことができますので、
短期間で確実に、目に見えた効果が期待できます。

吸引可能な量は、体の部位、その人の肥満度や筋肉質などにより決まります。

脂肪吸引の優れているところは、痩せたい所が痩せられるということです。

ダイエットではそういうわけにはいきませんよね。

太ももの脂肪を減らしたいのに、胸ばっかりやせてしまったり、
おなか周りを減らしたいのに、顔ばっかりゲッソリやせてしまったり、

などなど。

なかなか思うように痩せられません。

しかし脂肪吸引の場合は、
脂肪を減らしたいところをダイレクトに狙って、
あっというまに減らすことができます。

しかも、一度脂肪吸引をすれば、そこの脂肪細胞は二度と増えないので、
リバウンドすることも、ほとんどありません。
(食べ過ぎた場合は、残った脂肪細胞が膨れ上がってしまうことはあります)

個人差もありますが、一般的に

臀部・太もも→大腿→腹部→上腕→ふくらはぎ・足首の順に脂肪効果が
期待できるようです。

以上復習でした。

スポンサードリンク

脂肪吸引の概要

スポンサードリンク

◆脂肪吸引◆


◆脂肪吸引の概要


直径2〜4ミリの吸引管(カニューレ)と呼ばれる先端に
いくつかの穴があいた管を脂肪層内に挿入します。

カニューレの引圧(吸い込む力)で先端にある穴に
脂肪組織が入り込み、カニューレを前後運動することによって穴のエッジに力が加わり、脂肪が切り取られ、吸引されます。

上記の手術の結果、脂肪が取り除かれ、その分、脂肪層の中はいくつもの網目状のトンネルができます。

脂肪吸引についてさらにわかりやすくお話します。

脂肪吸引は、外科的な手術により、カニューレと呼ばれる、金属性のストローのような細い吸引管を使って、脂肪細胞を吸引していきます。
脂肪細胞そのものを除去する方法です。 


この際に除去できる脂肪は、皮下脂肪のみです。
内臓脂肪は取り除くことはできません。念のため!

現在では、以前よりも技術が向上して、頬、顎、上腕部(二の腕)、
腰回り、腹部、お尻、太もも、ふくらはぎ、足首などあらゆる部分での施術が可能となっています。

吸引した脂肪を、胸などに再注入することもできる
「脂肪注入法」もあるみたいです!!

しかし脂肪自体はとても軽いものなので、脂肪を吸引しても体重はあまり減りません。

これを先に知っておかないと、後でガックリしますよね!

部分的なシルエットを改善するのに適した方法といえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

クリニックを選ぶポイント

スポンサードリンク

脂肪吸引の施術を受けるためのクリニック(美容外科)選びは、脂肪吸引の仕上りを左右する重要な重要なポイントです。
カウンセリングは、基本的にどのクリニックも無料ですから、カウンセリングを最大限に有効活用されることをおすすめしたいと思います。とにかく自分の目でしっかりと確かめて納得することが一番です。
脂肪吸引は、美容外科だけではなく、美容皮膚科、大学病院などでも治療を受けることが可能となっています。大学病院で受けられることを知っている人は少ないのではないでしょうか?
電話やメールでの対応の仕方をチェックしてみましょう。意外と大切なポイントになると思われます。
事前に必ず問い合わせるということをやっておきましょう。電話やメールの対応の仕方で、そのクリニックがどんな感じなのか、おおよその雰囲気をつかむことができると思います。
インターネットや、女性雑誌などの広告に有名なクリニックが掲載されていますが、いろいろと迷われてしまう方もいらっしゃると思いますので、是非そうしてください。
妙に愛想がよすぎたり、いい感じを受けない、電話やメールの対応がいいがげんである、事務的な感じで誠意のかけらもない、説明不足でよく理解できていないうちに強引に施術を勧められる、というようなことであるならば見送った方がいいでしょう。
なにしろこちらは素人ですから、脂肪吸引に関するどんな些細な質問でも、親身になって対応してもらえないと不安になります。こういったところが大切なチェックポイントになると思います。
美容外科選びは慎重にしましょう。

スポンサードリンク

脂肪吸引施術後のトラブル

スポンサードリンク

◆脂肪吸引施術後によくあるトラブルの例

※脂肪吸引豆知識

脂肪吸引は、余分な脂肪を吸引しながら取り除いて理想のボディラインを実現させる、確実な痩身術です。脂肪の付きやすい部分ほど脂肪吸引の効果が高いので、お腹、二の腕、太もも、ふくらはぎ、頬やあごなどの部分痩やせができます。さらには、脂肪細胞を吸引し、体内の脂肪細胞を減少させているので、術後は太りにくい体質になります。


■脂肪吸引の施術後に起こりうるトラブルで、
もっとも多いのが、「仕上がりに対する不満」のようです。


脂肪吸引施術後に現れる、
主なトラブルについてまとめてみました。

1.
脂肪吸引が、不十分だったために、
脂肪吸引したにもかかわらずしたにもかかわらず、
施術前と変わらない。

2.
脂肪吸引後、表面にでこぼこが出来た。

3.
左右のバランスにずれがある。

4.
施術前に脂肪を柔らかくする超音波使用により、
温熱効果で肌が軽い火傷の症状や組織内水腫が現れた。

5.
脂肪吸引施術の際の全身麻酔または局所麻酔による副作用。

6.
術後の腫れが引かない。

7.
痛みがなかなか消えない。

8.
傷跡が目立つ。

施術後の仕上がりに不具合があるのは、
脂肪を正確に吸引できなかった場合が
ほとんどのようです。

あるいは、技術が未熟なために、
取ってはいけない部分の皮膚や、
皮下組織を取りすぎてしまい、
患部が硬くなってしまうというトラブルもあるようです。

そのような場合には、
クリニックの担当医に不満点を伝え、
話し合いの場を持ってもらいましょう。

カウンセリングの際に残していたメモなどを提示しながら、
担当医と納得行くまで話し合うことが望ましいと思います。

どうしても納得のいかない場合、
再手術も可能のようですが、前回の施術から
半年〜1年ほど期間をおく必要があるようです。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、
医師まかせにせずに、
施術前に「どの部分の脂肪を何リットル取るのか」といったような
具体的な量を把握して、術後、吸引した脂肪を見せてもらい、
変化を自分の目で確かめることも大切です。

そうすれば「仕上がりに対する不満」の類のトラブルは、
かなりの確率で防げると思います。


国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

日本医療情報サービスセンター
http://www.iryo-joho.com/

日本美容外科医師会
http://www.biyoishikai.org/

日本美容医学会
http://www.beauty-adviser.com/soudan.html

日本美容医療協会
http://www.jaam.or.jp/

日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/



※脂肪吸引メモ

まず必ず行うのはカウンセリングです。カウンセリング時には、脂肪吸引に適しているかどうかの検査も行い、適している場合は脂肪吸引の施術をお受けいただけるようになります。 手術はウエッドメソッドを採用し、麻酔は局部麻酔で硬膜外麻酔をかけ手術に臨みます。

スポンサードリンク

脂肪吸引、感染のリスク

スポンサードリンク

◆脂肪吸引での感染や脂肪の取り過ぎによるリスク

※脂肪吸引は、余分な脂肪を吸引しながら取り除いて理想のボディラインを実現させる、確実な痩身術です。

脂肪の付きやすい部分ほど脂肪吸引の効果が高いので、お腹、二の腕、太もも、ふくらはぎ、頬やあごなどの部分痩やせができます。

さらには、脂肪細胞を吸引し、体内の脂肪細胞を減少させているので、術後は太りにくい体質になります。



■感染のリスク

術中、術後に細菌による感染を引き起こす可能性がある。
感染を放っておくと生死に関わることもあるので、
抗生物質の投与など適切な処置が大切である。


■吸引のムラ、吸引し過ぎによる陥没

吸引にムラがあると凹凸が出来てしまうことがある。
また、一部だけを吸引しすぎるとその部分だけが
凹んでしまうというようなケースもある。

必要な場合は修正手術を行うことで解決することが多い。



脂肪吸引の際の感染に関しては、
現在の医学のレベルではほとんど起こることはなく、
一般の病院よりも確率が相当低いと言えましょう。

脂肪の取り過ぎに関しては、
通常、一回の脂肪吸引で除去できる脂肪の量は、
最大3000〜4000ccと言われており、日本人の女性であれば、
まず一度に3000〜4000ccを上回る脂肪が
とれるほど太っている方は稀ですので、まず大丈夫です。

上記に該当しない極度の肥満状態にある方は、
吸引部分を同時に何か所も取るのではなく、
医師と相談しながら行えば安全です。

皮膚のたるみについては、かなり肥満状態の方以外は、
たるむということはまずありません。



スポンサードリンク

脂肪吸引のリスク

スポンサードリンク

◆脂肪吸引での感染及び脂肪過剰摂取のリスク

※脂肪吸引手術は、余分な脂肪を吸引して取り除き、理想のボディラインを実現させるための確実な痩身術です。

脂肪の付きやすい部分ほど脂肪吸引の効果が高いので、お腹、二の腕、太もも、ふくらはぎ、頬やあごなどの部分痩やせが可能になります。

さらに、脂肪細胞を吸引し、体内の脂肪細胞を減少させますので、手術後は太りにくい体質になることができるでしょう。

■麻酔のリスク
美容外科手術で最も多い事故は
麻酔に伴うものだと言われています。

脂肪吸引では、全身麻酔もしくは局所麻酔が
必要となるため、当然リスクも発生することがあります。


■感染のリスク

術中、術後に細菌による感染を
引き起こす可能性があります。

感染を放っておくと生死に関わることもあるので、
抗生物質の投与など適切な処置が大切です。


■脂肪塞栓、血栓

脂肪や血液の塊が血管に入り、
細い血管を詰まらせることがあります。

詰まった部分の臓器の機能障害を
もたらす可能性があり、異常を感じたら直ちに
適切な処置を行わなければなりません。


■知覚異常

手術時の神経損傷によって手術箇所の知覚障害が
起こる可能性があります。

多くは軽症であることが多いですが、
長期にわたって症状が改善しないことも稀にあるようです。

脂肪吸引に伴う特有のリスク


■吸引のムラ、吸引し過ぎによる陥没

吸引にムラがあると凹凸が出来てしまうことがある。
また、一部だけを吸引しすぎるとその部分だけが
凹んでしまうというようなケースもある。

必要な場合は修正手術を行うことで解決することが多い。


■皮膚のたるみ
皮膚のたるみは、脂肪吸引時に最も注意すべき問題である。
吸引量が多すぎてたるみやシワが目立った場合は、
余っている皮膚を除去する手術が必要になることがある。






スポンサードリンク

脂肪吸引のリスク〜脂肪吸引 

スポンサードリンク

◆脂肪吸引のリスク 1970〜1980年代

※脂肪吸引手術は、余分な脂肪を吸引して取り除き
理想のボディラインを実現させるための確実な痩身術です。

脂肪の付きやすい部分ほど脂肪吸引の効果が高いので
お腹、二の腕、太もも、ふくらはぎ
頬やあごなどの部分痩やせが可能になります。

さらに、脂肪細胞を吸引し、体内の脂肪細胞を減少させますので、手術後は太りにくい体質になることができるでしょう。

 脂肪吸引には、手術である以上、貧血、感染、
脂肪塞栓、吸引部の凹凸、皮膚のたるみ、
麻酔の事故などが脂肪吸引のリスクとして挙げられます。

以前、1970年代頃には、
過度の脂肪除去による貧血やショックなどで
死亡事故も起きていました。

しかし欧米で脂肪吸引の研究が発達し、
こういった事故が起こることも近年では、
ゼロになりつつあります。


80年代後半に脂肪吸引先進国のアメリカで導入された、
ハイパー・ウエット・メソッドという麻酔方法により、
技術と安全性が飛躍的に向上しました。

この方法は、非常に薄い麻酔液が入った体液と
同じ成分の生理食塩水に、出血を抑える薬と、
ショックなどを予防する薬を混入し、
大量に脂肪をとる脂肪層に浸透させます。

これにより、手術中の出血が極端に減少し、
貧血予防が施され、脂肪細胞がこの生理食塩水を
取り込んで膨張するために、吸引部の凹凸と脂肪組織が
血管に入って血管がつまってしまう、
脂肪塞栓の予防が可能となりました。

また、この手法により、
手術は局所麻酔で行うことが出来るようになった為、
麻酔事故が起こることもほとんどありません。


脂肪吸引の安全性や有効性は高く評価されていますが、
手術である以上100%という安全は保障されないということを
常に念頭においていただきたいと思います。

あらゆる手術に共通するリスクや脂肪吸引特有の
リスクや合併症があり、それらを理解した上で
治療を選択する必要があります。

スポンサードリンク

脂肪吸引後の注意点

スポンサードリンク


こちらでは脂肪吸引に特化してお伝えしたいと考えています。

多くの女性の願望のひとつに、痩せてスタイルが良くなって
美しいと思われたいという気持ちがあると思います。

そのような方に知っておくと得する美容系の基礎知識を
紹介させて頂きたいと思います。

そして、健康に痩せる方法として必要な知識は
最低限持っておきたいものです。
痩せたいけどなかなか上手く行かない方に・・・

痩せたり、美しくなる方法はさまざまです。

脂肪吸引の体験談や美容整形としての脂肪吸引のお話や二の腕やふくらはぎ、尻のの脂肪吸引についてもお話したいと思います。

◆脂肪吸引後はまた太らないのでしょうか?

脂肪吸引では脂肪細胞を全部取り除く事は
健康上の理由から行うことはできません、全体の3分の2までとなっています。

手術後もしっかりとダイエットなどカロリーを計算しないとまた太ります。

脂肪吸引は千個あった脂肪細胞を三百個くらい取り除いて、
七百個にする。三百個分の隙間ができてスリムな体になるというものです。

しかし残った七百個の脂肪が油断することにより大きくなると、やはり太ってくることがあるようです。

ダイエットや運動で無理をして
やせた時のようには急に太ったりはしませんが、
無制限に食べると残っている脂肪が大きくなって太りますので、せっかく脂肪吸引をした意味がなくなってしまいます。

気をつけましょう!

スポンサードリンク

脂肪吸引の原理

スポンサードリンク

脂肪吸引の原理

ここでは脂肪吸引に特化してお伝えしたいと考えています。

多くの女性の願望のひとつに、痩せてスタイルが良くなって
美しいと思われたいという気持ちがあると思います。

そのような方に知っておくと得する美容系の基礎知識を
紹介させて頂きたいと思います。

そして、健康に痩せる方法として必要な知識は
最低限持っておきたいものです。
痩せたいけどなかなか上手く行かない方に・・・

痩せたり、美しくなる方法はいろいろです。

脂肪吸引の体験談や美容整形としての脂肪吸引のお話や二の腕やふくらはぎ、尻のの脂肪吸引についてもお話したいと思います。




※「脂肪吸引」は、外科的な手術で
その脂肪細胞そのものを除去するものです。

脂肪吸引の長所は、不要なところの脂肪細胞を
取り除いてしまうので、痩せたい箇所だけの適用が可能で、
一度脂肪吸引をしたところは、脂肪細胞は増えないので、
以後リバウンドの心配が不要な点にあります。

表皮に5mm程の切開を加え、そこから細い
金属性のカニューレ(管)を入れ、筋膜と表皮の間に
存在する皮下脂肪を吸引してきます。

皮下脂肪は液体ではないので、ただ管を
入れただけでは脂肪はとれません。

引っ掻きだすという荒療治が必要なのです。

この時、脂肪とともに血液も吸引されるため、
多量吸引の場合には出血量に注意が必要となります。

脂肪吸引による医療事故のほとんどがこれが原因と思われます。

「簡単にやせられる」、「多量脂肪吸引」などという
宣伝文句はかなり危険です。

スポンサードリンク

脂肪吸引とは

スポンサードリンク

脂肪吸引とは具体的にどういったものでしょうか

◆脂肪が増えるということは?

食べ物や飲み物によって摂取したカロリーが、
普段の生活や運動などによるカロリー消費量をオーバーすると、
脂肪に変化してしまって、体内に備蓄されるのです。

この脂肪の中にある脂肪細胞が、
大きくなったり小さくなったり変化することがすなわち、
太ったり痩せたりするということなのです。

一般的にダイエットをするということは、脂肪細胞を
小さくすることなので、細胞数は減らない訳なので
ある程度意識して継続していないとリバウンドして元に戻ってしまう訳です。

そこで提案したいのが脂肪吸引なんです。

脂肪吸引とは体の気になる部分の脂肪細胞の絶対数を
コントロールする治療なんです。

脂肪吸引とはどういうことかを簡単に説明しますと、
脂肪を減らしたい部分にカニューラと呼ばれる吸引管を
挿入し脂肪を丁寧に吸引する、抜き取ってしまうという治療です。

もともと体内にある脂肪細胞の総数は
人それぞれに決まっているので、
脂肪吸引によって脂肪細胞の数を減らす訳ですから
リバウンドしてしまう確立は低いようです。

脂肪吸引が理想的なボディラインを
実現してくれる究極のダイエット方法として
紹介されている由縁です。

日本での脂肪吸引は約20年前に始まりました。
欧米ではそれ以前から脂肪吸引がありましたので、
そのデータをもとに医療機器が開発されました。

最初の数年間は、脂肪吸引という言葉そのものも
一般的ではなく、手術をするドクターも現在と比べると
手探り状態で治療を行っていたようです。

つまり、どの程度吸引すれば良い結果が出るかわからず
吸引しすぎたり、逆にあまり吸引せず結果が
十分でないということも過去には起きていたんですね。

しかし、最近10年の脂肪吸引の進歩には著しいものがあります。
吸引管の工夫(細かいもの等、多種あり)、
吸引口に対する保護(シースを使用)、
超音波脂肪吸引器(体外、体内式)の開発がなされました。

このように一般的にはドクターの技術も向上し、
医療機器等も進歩した結果、脂肪吸引は安全で
確実な手術として広く行われるようになりました。

一方、脂肪吸引に対する知識が少なかったり、
技術が未熟であるにもかかわらず、
専門医と称して広告だけ立派であるドクターも
残念ながら存在します。

あなたは絶対に引っかからないでくださいね!

このような未熟なドクターを見分けるためには、
脂肪吸引に対する知識がある程度必要ではないでしょうか。

スポンサードリンク

トラブルの対処法

スポンサードリンク

◆トラブルの対処法とは?

脂肪吸引の施術後に起こりうるドラブルで、
もっとも多いのが、「仕上がりに対する不満」のようです。

たしかに高額な料金を支払っていうのにもかかわらず、
満足のいく仕上がりになっていなければ、がっかりしますよね。  

施術後の仕上がりに不具合があるのは、
脂肪を正確に吸引できなかった場合がほとんどのようです。

あるいは、技術が未熟なために、
取ってはいけない部分の皮膚や、
皮下組織を取りすぎてしまい、患部が
硬くなってしまうというトラブルもあるようです。

そのような場合には、クリニックの担当医に不満点を伝え、
話し合いの場を持ってもらいましょう。

カウンセリングの際に残していたメモなどを提示しながら、
担当医と納得行くまで話し合うことが望ましいと思います。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、
医師まかせにせずに、施術前に
「どの部分の脂肪を何リットル取るのか」といったような
具体的な量を把握して、術後、吸引した脂肪を見せてもらい、
変化を自分の目で確かめることも大切です。

そうすれば「仕上がりに対する不満」の類のトラブルは、
かなりの確率で防げると思います。

どうしても納得のいかない場合、再手術も可能のようですが、
前回の施術から半年〜1年ほど期間をおく必要があるようです。

以下に美容外科に関するトラブルについて
相談できる機関をご紹介します。


国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

日本医療情報サービスセンター
http://www.iryo-joho.com/

日本美容外科医師会
http://www.biyoishikai.org/

日本美容医学会
http://www.beauty-adviser.com/soudan.html

日本美容医療協会
http://www.jaam.or.jp/

日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/



相談の際には必要事項など明確に伝え
対処の方法など詳しく指導していただきましょう。

尚、相談した担当の名前等の控えも忘れないようにします。

相談時に必要最低限の情報

●クリニック名

●医院長の名前と経歴

●クリニックの規模(全国展開かどうか、資本金、従業員数など)

●設備の内容

●知名度

●立地場所

●日本美容外科学会の専門医かどうか

●麻酔の専門医の有無

●どの様な常態で不具合があるのか明確に適切に



※脂肪吸引一口メモ

脂肪吸引の効果は事前調査が大切です!


脂肪吸引の効果は事前調査をしましょう!
時代と医学の成長は進むがやはり、ドクターが時代の波に
乗れていない病院での手術はできるだけ避けることが賢明です。

ドクターの腕次第で結果が変わることもある事を念頭に入れて
事前調査も行う事がポイントです。

では、何でそんなに事前調査が必要なのかご説明しますね。

以前に「脂肪吸引の歴史について」の場所でもご紹介しましたように 

ここの最近の脂肪吸引の進歩には目覚しいものがあるようです。

吸引管にも様々な工夫が施され、吸引口に対する保護や、
超音波脂肪吸引器も開発されました。

医師の技術も向上し、医療機器等も進歩し、脂肪吸引は安全で確実な手術として、広く行われるようになってきました。 

その一方で、脂肪吸引に対する知識不足で、
技術も未熟であるにもかかわらず、「脂肪吸引の専門医」と称して、
宣伝だけは大々的に行っているクリニックも存在するようです。


スポンサードリンク

トラブルを避けるための確認事項

スポンサードリンク


トラブルを避ける確認事項です 


脂肪吸引施術のトラブルは、できる限り避けたいのが人情です。 

トラブルを避けるためには、事前に
情報収集を徹底することなど、納得いくまでカウンセリングを
受けることが重要です。

高額な料金を支払っていうのにもかかわらず、
満足のいく仕上がりになっていなければ、がっかりしますよね。  

施術後の仕上がりに不具合があるのは、
脂肪を正確に吸引できなかった場合がほとんどのようです。


そうならないように脂肪吸引の必要最低限の情報と
美容整形医院の情報は収集しておきましょう。


【情報収集の際の確認事項】

各クリニックのホームページを検索したり、
資料を取り寄せたり、メールや電話で問い合わせたりして、
情報を収集しましょう。

収集した情報は、それぞれのクリニックごとにまとめて、
比較検討できるようにしておくと便利です。

収集すべき情報については以下のものがあります。

●クリニック名

●医院長の名前と経歴

●クリニックの規模(全国展開かどうか、資本金、従業員数など)

●設備の内容

●知名度

●立地場所

●日本美容外科学会の専門医かどうか

●麻酔の専門医の有無

●クリニックの評判(口コミなどを参照)

●症例数

●実際に施術を受けた人の体験談など

●料金の内容

●メールや電話での対応の印象など

●自分の直感で感じたこと

【カウンセリングの際の確認事項】

カウンセリングの際には、
「こうこうこうなりたい」自分の希望をなるべく具体的に
明確に伝えることが大切です。

場合によっては、自分がなりたいボディラインを
イメージしたイラストや、理想とするの体型の写真などを
提示しながら説明する方が
ドクターに理解してもらいやすいと思います。

あらかじめ、質問したり確認したいことは
メモにとっておくことをお勧めします。

そうすればうっかり聞き忘れることもありませんし、
カウンセリングもスムーズに行われます。

また、カウンセリングの際のメモには、
最後に日付を入れ、担当者にサインや捺印をしてもらいましょう。
何かトラブルが生じた際の証拠として残しておくためです。

1.担当医師名と経験

2.施術の内容

3.施術の際に使用する、機械や薬剤の内容

4.痛みやリスクについて

5.施術時間と回復までにかかる時間

6.アフターケアの内容

7.施術費用、薬代、アフターケア料金の有無、
追加料金の有無など。

8.支払いの方法,または解約方法。

9.緊急の場合の対処方法処置

11.万が一、不都合が生じた場合の
保険等の契約、支払い方法。

10手術中の天災による中止、中断の際の対処法。

11.緊急の場合の対処法。
(夜間、休日に具合が悪くなった時などのために。)

12.施術費用の見積もり金額とその有効期限。
(見積書を必ずもらっておきましょう)



その他に、ご自分でも気づいたこと、
確認したいことがあれば、付け加えてみてください。




※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史の流れ


脂肪吸引術の発展と普及

フランスのIllouzは、脂肪細胞の結合を緩める注入液を
使用した脂肪吸引を研究・開発し、以後、脂肪吸引術は
次第に正当な外科的手術として認知されるようになっていったのです。

特に、1982年に米国形成外科学会での調査によりその有効性が確認されると、急速に世界の注目が高まるようになりました。

術式の確立と進歩

普及が進む一方で依然として採りむらによる
凹凸や大量の出血など、多くの課題を抱えていましたが、
1990年に開発されたチューメセント(tumescent)法が
行われるようになって出血のリスクが
大きく改善されるようになりました。

さらに、用途や部位に応じたカニューラの開発、
細分化も進み浅層脂肪吸引(Superficial Liposuction)法や、
超音波を利用した超音波吸引法も確立されていったのです。


スポンサードリンク

脂肪吸引費用

スポンサードリンク


脂肪吸引にかかる費用


脂肪吸引は、美容外科扱いですので、健康保険は適用されません。
ですから、施術費用は、それなりに高額になってしまいます。

しかし

目をみはるほどの高額というわけではなく、
多少無理すれば、手の届く範囲内であります。

「美しさへの投資」だと覚悟して臨みました。

とはいえ、もちろん、できればなるべく
コストは安いにこしたことはありません。

それで、事前にいろいろと調べてみました。

施術にかかる費用は、クリニックによっても、
施術する箇所、吸引する範囲(施術の規模)によっても
、かなりの差異が生じます。

また、費用に血液検査やアフターケアの料金が
含まれる場合と含まれない場合もあるようです。

クリニックによって、料金設定も細かく分かれていて、
同時に複数の箇所を脂肪吸引する場合、
割引きセット料金が適用されたり、
キャンペーン割引をしているところもあります。

しかし、費用が安いからというだけの理由で、
安易に決めてしまうことだけは、絶対に避けてください。

気に入ったクリニックをいくつかピックアップして、、
事前にカウンセリングや料金の相談をして、
充分に納得してから決められた方がよいと思います。

脂肪細胞は、一度とってしまうと、
もう元に戻らないのですから、クリニック選びは、
慎重にされることをオススメします。

脂肪吸引の施術費用は、
クリニックによって様々であるのですが、
できれば、おおよその金額、いわゆる相場を
把握しておかれた方がよいと思います。

こちらで、おおよその目安をご紹介しましょう。
(あくまでも目安ですので、
この価格の下限よりも低い場合も上限よりも
高い場合もあると思われます。ご了承願います。)

頬  25万〜30万

顎  20万〜30万

二の腕 15万〜40万

お腹  30万〜100万

太もも 30万〜70万

ヒップ  15万〜40万

ふくらはぎ 45万〜50万

足首    13万〜40万

脂肪吸引する範囲や、施術の難易度に
よって料金も変わってくるようです。

実際には各クリニックによって、
アフターケアの料金が含まれる場合とそうでない場合。
セット割引が適用される場合など、
非常に細かく料金設定されているようです。

カウンセリングの際に、
「これこれこんなふうにして欲しい」と
自分の意向をはっきりと伝え、見積もりを出してもらってから、
しっかりと検討されるとよいと思います。





※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史の流れ

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

脂肪吸引の始まり

1970年代に入ると脂肪を掻き出すと同時に
電動吸引する方法が考案され、1970年代後半には
吸引用のカニューラが使用されるようになりましたが、
合併症が多く安全な手術という認知は得られなかったようです。

脂肪吸引術の発展と普及

フランスのIllouzは、脂肪細胞の結合を緩める注入液を
使用した脂肪吸引を研究・開発し、以後、脂肪吸引術は
次第に正当な外科的手術として認知されるようになっていったのです。

特に、1982年に米国形成外科学会での調査によりその有効性が確認されると、急速に世界の注目が高まるようになりました。

スポンサードリンク

まぶたの脂肪吸引

スポンサードリンク


まぶたの脂肪吸引について

まぶたの脂肪吸引は、まぶたの脂肪が多くはれぼったい方に
おすすめの方法です。

一般的に、目の二重手術には『切開法』という本格整形と、
『埋没法』と呼ばれるプチ整形との2種類があります。

『切開法』とは、まぶたにメスを入れ、
縫い目により二重を作る方法ですが、
今はほとんどの方が『埋没法』で
自然な二重を作り出すことが可能です。

プチ整形なら修正もできるので、
何年後かに目の表情を変えたいというときにも
対応できます

まぶたのライン上に数ミリ程度の穴を開けて、
ピンセットで脂肪を吸引します。

基本的には、傷口は縫合せずに終わらせるようですが、
縫合した方がよい場合もあるようです。

上まぶたに、わずか数ミリの穴を開けるだけなので、
傷はほとんど目立たないようです。

施術時間の目安は30分程度。

脂肪吸引により、軽くてすっきりとした
目元を手に入れられます。


★注意★

まぶたのプチ整形だけで患者さんの美容に
関する要望に全面的に応えることはなかなか
難しいのが現状です。

そのような場合、美容外科のドクターは
他の手術も同時にすることを勧めることがあります。

また、整形後のまぶたの形は年齢や遺伝により
変化してしまうこともあることを知っておくべきでしょう。

まぶたの脂肪吸引の成果はそのまま保たれますが、
中には何年後かに新たに整形をする患者さんもいるそうです。



※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史の流れ

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

脂肪吸引の始まり

1970年代に入ると脂肪を掻き出すと同時に
電動吸引する方法が考案され、1970年代後半には
吸引用のカニューラが使用されるようになりましたが、
合併症が多く安全な手術という認知は得られなかったようです。

スポンサードリンク

ふくらはぎの脂肪吸引

スポンサードリンク


ふくらはぎの脂肪吸引について

ふくらはぎはダイエットしても、
簡単に痩せる場所ではありません。

ふくらはぎは、見られていないようで意外と
女性からも男性からも注目を集めている部分です。

ふくらはぎは、水着やスカートの時は見える部分なので、
女性にとっては気になる部分でもあります。

また、ふくらはぎの部分でブーツのファスナーが
閉まらないなどで、泣く泣くお気に入りの
ブーツをあきらめる方もいらっしゃいます。

ふくらはぎは、脂肪がつきにくく筋肉が
発達している部分ではありますが、
普段運動をされていない方には、
脂肪が意外についている事も多いのです。

脂肪吸引でふくらはぎに脂肪が無くなりスッキリすると、
水着やミニスカート姿に自信が持てたり、
ブーツをキレイにカッコ良くはきこなせる事が
できるようになります。

そんな理想の美しいふくらはぎを脂肪吸引なら、
手に入れることが充分可能のようです。

ふくらはぎの施術は、他の部位に比べて
難易度が高く、そうとうの技術が
必要となってくるようです。

事前に綿密な打ち合わせをし、
確かな技術力を持つ経験豊富な
医師に施術してもらう必要がありますね。

また、ふくらはぎが太くなる原因には、
皮下脂肪以外に、筋肉・骨格・むくみなどがあります。

皮下脂肪以外の原因の場合、
脂肪吸引しても、解決しません。

筋肉や骨格は取り除けませんものね。

したがって、脂肪吸引効果が期待できない
場合もあるということです。



※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史の流れ

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

閉鎖式脱脂術

切開をしない脂肪除去の方法として初めて行われた手術が
閉鎖式脱脂術であったといわれています。

脂肪を掻き出す方法で、1921年にフランスの有名な
ダンサーに対して行われたが、結果は血管の損傷によって
大腿部の切断という不幸なものとなってしまったようです。

この後、この方法は行われることがなくなったようです。


スポンサードリンク

太ももの脂肪吸引

スポンサードリンク

太ももの脂肪吸引について

太ももの脂肪吸引はダイエットで痩せる部分ではありません。
EMS などを利用して引き締めたとしても
満足のいく痩せまでは非常に難しいと思います。

そういった意味で脂肪吸引は最高の
ボディプロポーションテクニックとなります。

太ももに脂肪がついていると、
短いスカートや水着になるのにも勇気が要ります。
またパンツをはいたときのラインもきまりませんし、
ジーンズの太ももがパンパンになると憂鬱ですよね。 

太ももの脂肪を吸引すると、
すっきりとした太ももを手に入れることができ、
上記のような悩みからも解放されます。

足の脂肪吸引はバランスが大事です。
健康的で美しいラインに仕上げるには、
ドクターの技術と経験が問われる部位といえます。
また、お尻(臀部)の脂肪吸引を行うことにより
ヒップアップが実現し、足も長く見える効果があります。


しかし太もも部分の脂肪吸引は非常に難易度が高く、
仕上がりも医師の技術に、かなり左右されてしまうようです。

施術は、事前に綿密な打ち合わせをして、
より高い技術を持つ経験豊富な医師の元で、
行われることが望ましいです。

施術時間の目安は、2〜3時間くらいで、
太ももの吸引する箇所は内外、前後の4ヶ所程度です。

術後は、1〜2週間ほど腫れますので、
1〜2回の通院が必要になってきます。


※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史の流れ

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

脂肪吸引術にも既に30年程の歴史があります。
脂肪除去に対する需要の多さもあって、
形成外科医や美容外科医による積極的な研究が行われ、
現在では安全性の確立された術式として認められてきているようですね。


スポンサードリンク

ヒップの脂肪吸引

スポンサードリンク


ヒップの脂肪吸引について

ヒップの脂肪吸引は、ヒップがたるんでいる人、
下着からヒップの脂肪がはみ出ている人などに、
効果のある方法だといえます。

施術によって、ヒップラインをすっきりさせ、
たるんでいた部分の脂肪を取り去って、
ヒップのボリュームを上へ移動させ
ヒップアップさせることもできます。

ヒップアップすると足が長く見えて、
スラっとした下半身を手に入れることができます。

施術は、ヒップと太ももの間のシワに沿って
カニューレを挿入して行われます。
施術時間の目安は、2〜3時間くらいです。
手術の跡は、ほとんど目立ちません。


脂肪吸引後は切開口を丁寧に縫合し、
特殊なストッキングを使って圧迫固定します。

麻酔の方法は、脂肪吸引する量により異なりますが、
少量の場合は局所麻酔で行います。


ヒップの脂肪吸引はラインがすっきりするだけでなく、
下垂していた部分を取り去ってヒップのボリュームを
上へと移動するため、ピンと上を向くヒップアップ効果があります。
これにより足が長く見え、スラっとしたプロポーションを得られます。


▲ヒップの脂肪吸引の特長

1: 2005年製体外式超音波を用いて安全でスピーディーに脂肪を吸引。
2: ヒップから脚にかけての理想的ラインを
イメージしながら吸引、だから美しい。
3: ヒップアップ効果によって脚が長く見える。
4: 術後の経過も良好で、腫れがほとんど生じません。



術後は、腫れますので、
1〜2回の通院が必要になってきます。

ただし、失敗した場合
(ヒップの上部の脂肪を取りすぎてしまうなど)、
貧弱なヒップになってしまう恐れがあるようです。






※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

吸引の目的も、単なる大量の脂肪の除去ではなく、
吸引によって、いかにして美しいボディーライン・フェイスラインを
作り上げるか、というレベルを目指すようになってきました。 

それはちょうど芸術家が彫刻を作り上げるように、
脂肪吸引によって、美しいボディーラインやフェイスラインを彫刻する、
という意味で、欧米では脂肪吸引のことを、
別名、脂肪彫刻(lipo-sculpture)と呼ばれているほどなのです。

現在は「医療技術や医療器具の進歩」により、
高い安全性と共に目覚しい効果が期待できるようになりました。  



スポンサードリンク

二の腕の脂肪吸引

スポンサードリンク


二の腕の脂肪吸引について


二の腕は、肩を出す服や水着などを
着たときにどうしても気になる部分です。


二の腕の内側は、皮膚が薄く柔らかいために、
加齢とともに、緩み緩んで脂肪の重さで
垂れ下がってくる場所でもあります。 

二の腕の余分な脂肪を取り除くことで、
スッキリとスラッとした
細い腕にすることができます。

通常太りにくい部位ですが、
いったん太ってしまうと痩せにくいため、
ダイエットをしても簡単には細くなりません。

特注の極細カニューレの開発により、
より細かい部分でも丁寧に吸引することが
可能になり、従来に比べてより美しい仕上がり
実現できるようになりました。

二の腕の余分な脂肪を取り除くと、
女性らしいホッソリとして腕を
手に入れることができ、タンクトップや
ノースリーブがバッチリ似合います。

脂肪吸引の方法は、
ひじの後ろ側からカニューレを挿入して行われます。

二の腕の脂肪組織は、
腹部や太ももに比べると粒子が
比較的小さく、細胞が壊れにくいという性質を
持っています。

ですから上眼瞼や頬などに再注入用に
使用されることがあるようです。


二の腕の余分な脂肪を取り除くことで、
スッキリとスラッとした細い腕にすることができます。

特別の極細カニューレの開発により、
より細かい部分でも丁寧に吸引することが可能になり、
従来に比べてより美しい仕上がりを実現できるようになりました。

仕上がりを保証する制度があるそうなので
各美容外科で事前に相談してください。




※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

手術中の出血も多く、場合によっては輸血なども必要になってくるほど、
大掛かりなものでした。 

しかし、現在は「医療技術や医療器具の進歩」により、
高い安全性と共に目覚しい効果が期待できるようになりました。

スポンサードリンク

背中の脂肪吸引

スポンサードリンク

背中の脂肪吸引について

意外と見落とされがちですが、脂肪は背中にもつきます。

脂肪が肩甲骨の下あたりにあると、
下着の締め付けで脂肪の盛り上がりができて、
薄手のシャツを着た時に背後から見える事になります。

肩甲骨周辺の脂肪を吸引すると脂肪の盛り上がりができずに、
ブラウスなどを着た時でもすっきりとした印象になります。

背中で脂肪の付きやすい部分は、
肩甲骨の下あたりです。 

肩甲骨の下あたりに脂肪があると、
下着の締め付けなどにより、
脂肪の盛り上がりができて、
薄手のブラウスを着た時に背後から見えてしまいます。

吸引は、傷跡が下着で
隠れる部分から行われます。

脂肪を吸引すると脂肪の盛り上がりができずに、
すっきりとした印象になります。

施術時間の目安は30分くらいです


 注意 

脂肪がそれなりについている場合でも、
背中の皮下脂肪というのは線維性で
固い脂肪が多いため、吸引しづらいことが
多いのも事実です。

※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

当時は、どの程度吸引すれば効果が出るのか、
よくわからない分からないまま吸引しすぎてしまったり、
吸引量が足らなかったりして、うまくいかないことが多かったようです。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。