中性脂肪とコレステロール

スポンサードリンク

◆中性脂肪とコレステロール


生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。
名前の由来はコレステロールが最初に発見された胆汁であり、
胆汁中で結晶化したものが胆石の原因となる。

これらの液晶の持つ分子の配列の仕方には特徴があり、
そのような分子の配列を持つ液晶はコレステリック液晶と
総称されており、カナブンのようなメタリックな色彩を
示す甲虫の構造色はこれによると考えられている。

多くの動物でステロイド合成の出発物質であり、
また動物細胞の細胞膜などの脂質二重層構造を
持つ生体膜の重要な構成物質である。

人間では肝臓で合成され血液中のリポ蛋白により
全身に輸送される。

この記述の仕方ですと、少々理解しづらいところもあるかと思いますので、次に詳細に解りやすく述べてみます。



脂肪には、脂肪酸、中性脂肪、リン脂質、コレステロール、の4種類が存在しているようです。

コレステロールは目に見えない脂肪、中性脂肪は目に見える脂肪というふうに理解すればいいようです。
コレステロールも脂肪の一種なんですね。

コレステロールは体に貯まりすぎると害になってしまいます。中性脂肪と同じ様に、体にとってはなくてはならない存在なのですが、度を越したコレステロールはいけないようですね。


私たちの体にコレステロールは、欠かせない物質であり、
1日あたり1〜1.5gは必要のようです。

しかし、必要量を超えたコレステロールは、
動脈硬化など、体に害を及ぼしてしまいますから
気をつけてください。

コレステロールは私たちの体の細胞の細胞膜をつくる材料になったり、男性ホルモンや女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどのホルモンや、胆汁酸の原料にもなっているそうです。


やはり日ごろの食生活で意識して、摂り過ぎないように注意する必要があるということですね。

スポンサードリンク

中性脂肪とは

スポンサードリンク

※中性脂肪とは


脂肪酸とグリセリン(グリセロール)が結びついて性質が中性を
示します。このことから「中性脂肪」と呼ばれます。

生活習慣病における中性脂肪の扱いは多岐にわたり、
一時期は完全に無視されていたこともありました。

中性脂肪は軽視されて、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)や
HDLコレステロール(善玉コレステロール)が重要とされていました。


現在世界の高脂血症治療の
最先端・最高峰を示すATP-IIIというステートメントでは
中性脂肪も補正すべき立派な存在へと再認識されました。

最近では特にメタボリックシンドロームの診断基準に
積極適に導入され注目されています。



一般的に脂肪と呼ばれているのは、中性脂肪(トリグリセライド)のことなんです。

脂肪組織は部位によって内臓脂肪・皮下脂肪などと分類されていますが、
いずれ場合も中性脂肪が蓄積したものです。

中性脂肪の主な役割を以下に示します。


1.エネルギーの貯蔵

エネルギーが不足すると、体内に蓄積される中性脂肪は、
遊離脂肪酸に分解、血液中に放出され全身に運ばれます。

中性脂肪は、細胞が正常に活動するため体内各部分のエネルギー源となるのです。

1グラムあたり 糖質⇒4kcal
  
たんぱく質⇒4kcal
  
脂肪⇒9kcal となっていて、たんぱく質、糖質と比較しても、
とても優れたエネルギー源になるのです。

しかし、肥満の方にとってはかなりのカロリー源だと思います。

ちなみに、水1リットルの温度を1度上昇させる時に必要となるエネルギーは1キロカロリーです。

わずか1キロカロリーの違いでもエネルギーとして
切り口を変えて見ると大きな違いになります。

中性脂肪の場合、脂肪1gを燃焼させるためには、
0℃の水1リットルを9℃にまで温度を上昇させる
エネルギーが必要になるのです。

これは相当な量のエネルギーになります。


2.体温を維持する

寒さから体を保護して、体温を一定に保つ役割りを果たします。
ある程度の衝撃から身体を守ります。

体内の中性脂肪の量が極端に減ると、体温の調節機能に障害が出ます、これが中性脂肪の体温調節機能です。


3.内臓を外部の衝撃から守る役割

多少、体が何かと接触しても、程度の差こそありますが痛いだけですんでいるのは、中性脂肪のおかげなのです。

衝撃から内臓など体内の重要な器官を守るクッションのような働きをしています。
(限界を超えた激しい衝撃の場合は別です。注意してください)

近年の研究から、脂肪細胞から多くの生理活性物質が分泌されていることがわかってきています。

これらの物質は、アディポサイトカインと呼ばれています。
(余談ですが「アディポ」は脂肪という意味です。)


中性脂肪が少なすぎたり、多すぎたりすると、
アディポサイトカインのバランスが崩れ、
ホルモンの分泌や免疫系、血液の状態、生殖機能などに
様々な障害を引き起こす恐れがあります。

アディポサイトカインは、身体のいろいろな機能を
維持する為に重要な役割を持っています。

スポンサードリンク

皮下脂肪と内臓脂肪

スポンサードリンク


皮下脂肪と内臓脂肪

体内に蓄えられている脂肪のことを「中性脂肪」といいます。

お腹の皮膚の下にあって、摘むことができるのが皮下脂肪。
一方、腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪です。
というわけで、皮下脂肪と内臓脂肪は別ものですが、
構造的な差はありません。

一般に私たちが体脂肪と呼んでいるのは、この中性脂肪のことですが、これには、皮膚と筋肉の間にたまる脂肪の体の「皮下脂肪」と、内臓のまわりにつく脂肪の「内臓脂肪」の2種類があります。

お腹回りをはじめ、二の腕やヒップの下などについた皮下脂肪は、いわゆ“ぜい肉”ですが、エネルギーを蓄えたり、保温、内臓を外部からの衝撃から守り、和らげるクッションの役目も果たしています。

また女性にとっては、出産時のエネルギーとしても使われます。

内臓脂肪は、内臓の回りにつく脂肪のことで、臓器を支える役割をになっいますが必要以上に内臓脂肪が増えると、動脈硬化症、高血圧症、糖尿病、痛風、関節炎と言った生活習慣病の原因にもなり、健康上の弊害が現れてきます。

生活習慣病の多くは肥満と関係しています。
肥満=皮下脂肪と考えると、皮下脂肪を悪玉と考えがちです。
実は内臓脂肪(消化管の間の脂肪組織)が生活習慣病と関係しています。



※中性脂肪


モノグリセリド(モノアシルグリセロール)、ジグリセリド(ジアシルグリセロール)、トリグリセリド(トリアシルグリセロール)を総称して中性脂肪というが、血液中に含まれる中性脂肪のほとんどはトリグリセリド (Triglyceride、Triacylglycerol) である。したがって、中性脂肪はトリグリセリドと同義とする場合も多い。TG、TAGまたはTrigという略号で記されることが多い。脂肪酸とグリセリン(グリセロール)が結びついて中性を示す事から「中性脂肪」と呼ばれる。

生活習慣病における中性脂肪の扱いは複雑で、一時期は完全に無視されるに至ったこともあった。つまりLDLコレステロール(悪玉コレステロール)やHDLコレステロール(善玉コレステロール)が重要とされ、中性脂肪は軽視された。人間の体内の中性脂肪が1000 mg/dL を超えると、急性膵炎のリスクが上昇すると考えられており、それさえ抑えればよいと考えられた。

現在世界の高脂血症治療の最先端・最高峰を示すATP-IIIというステートメントでは中性脂肪も立派に補正すべき存在へと戻った。特にメタボリックシンドロームの診断基準に取り入れられ注目されている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。