栄養素と脂肪の関係

スポンサードリンク

※栄養素と脂肪の関係

1.栄養素について

3大栄養素と5大栄養素
炭水化物、脂質、タンパク質のことを3大栄養素といいます。

むかし学生のときに勉強した記憶のある人もいるでしょうね。

炭水化物、脂質はエネルギー供給源となり、
タンパク質はエネルギー供給源と筋肉や骨、血液、皮膚など身体を構成する成分となります。

食物に含まれる栄養素は、消化酵素によって分解され、小腸などから吸収されます。吸収された栄養素は分解してエネルギーを出し、また身体を構成する物質を合成します。こうした消化吸収や分解・合成といった作用を助ける働きをするのが微量栄養素のビタミンやミネラルで、これらが不足すると3大栄養素は有効に活用されません。


2.栄養素と脂肪の関係

脂肪(脂質)は、炭水化物(糖質)、タンパク質と同じ、
三大栄養素の一つとして、人間が生きて行く必要不可欠な
エネルギー源になっています。  

体のエネルギー源が不足すると、エネルギー源となり、
エネルギーを貯蔵をします。
また体温を維持したり、臓器を保護する働きもしています。

脂肪は炭水化物やタンパク質に比べ、約2倍のエネルギーを放出でし、
筋肉などの重要なタンパク質の減少を食い止め、
食事が摂れない状態の時には、生命維持のための主な
エネルギー源としての役割を果たします。



3.どの様に栄養を摂るのが良いか

国民栄養調査の結果によると、
平均的な日本人の栄養面の特徴として、
炭水化物・脂質・タンパク質の3大栄養素は十分で、
むしろカロリーは多過ぎです。

またミネラルのうちナトリウムは過剰ですが、
カルシウム、鉄分等は不足気味という傾向になっています。

また人間の身体もそれらの食べ物に適応し進化してきたわけです。

これら季節外れの野菜類や加工・精製された食品は、

バラエティーに富み食味の良いものですが、
栄養素の点では昔の自然そのままのものと比べて劣っています。

炭水化物・脂質・タンパク質の3大栄養素は
平均的な日本人の場合十分足りています。

3大栄養素を多く含む食品は、
穀類、豆類、いも類、肉類、魚類や卵、牛乳などです。

しかし現代の食事の仕方は、
食物を丸のまま調理して食すことが少なく、
皮を除いたり加工したりして、
肝心ののビタミン・ミネラルが取り除かれています。

また最近話題の活性酸素の増加への
対策のためにも微量栄養素の不足は大きな問題です。

しかし、今の食生活を続ける限り、
食物だけで微量成分を不足なく摂るためには、
実に多種類かつ多量の副食を摂る必要があります。

スポンサードリンク

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞

スポンサードリンク

◆白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞とは?


人間の体内に存在する脂肪細胞には、
褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2種類があります。

褐色脂肪細胞の分布場所は、首の周り、脇の下、
肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りの5カ所で、
体内に蓄積された余分なカロリーを熱に替え、
放出させる働きのあるありがたい細胞です。

一方、白色脂肪は全身のあらゆるところにあり、
とくに下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、
内臓の回りなどに多く存在しています。

体内に入った余分なカロリーを中性脂肪の形で蓄積する働きがあります。

 
褐色脂肪細胞の働きが活発な人はエネルギーをたくさん消費し、
活発でない人は、エネルギーの消費も少なめということになりますが、
この褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子によって操作されます。

遺伝子の仕業なら仕方がないことです、などと素直にあきらめるのは、少しばかり早とちりですよ!
努力次第で褐色脂肪細胞を活性化することもできるんです。

褐色脂肪細胞の働きもそのひとつです。


褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の説明がこれだけですと
なんのことやら理解できませんよね!

そういうことで、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞について
さらに詳しく説明していきましょう。


脂肪細胞は、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2種類あります。 


褐色脂肪細胞は、貯蔵できる脂肪が白色脂肪細胞よりも少なく、
首の周り、脇の下、肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りなどにつきます。

体温を維持するために、体内に蓄積された余分なカロリーを
熱に替え放出させる働きがあります。ありがたい働きですね^^。

褐色脂肪細胞は、成長期に入ると少しずつ減少してゆき、
成人になると生まれた頃の半分以下に減ってしまいます。

歳を重ねるとともに身体に脂肪がつきやすくなるのは、
基礎代謝の低下と共に、褐色脂肪細胞が減ってくることも
大きな要因となっているようです。

褐色脂肪細胞の働きが活発な人はエネルギーを
たくさん消費し太りにくく、そうでない人は、
エネルギーの消費も少なめということになりますので
太りやすいといえます。


白色脂肪細胞は、脂肪を蓄える組織である油滴からできていて、
この油滴に脂肪が大量に蓄積されています。運動した場合に消費されます。

白色脂肪細胞は、全身のあらゆるところについています。
とくに下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、
内臓の回りなどに多くつきやすいようです。

白色脂肪細胞は、母親の体内にいる時、
生後一年間、思春期などに、とくに増えますが、
これらの時期以外でもカロリーを
多く摂りすぎることによっても増えるようです。


また褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子によって操作されるそうです。

褐色脂肪細胞に関わる遺伝子が変異してしまっている人がいて、
このような人たちは、そうでない人に比べ基礎代謝量が低く、
太りやすい体質になっています。

ちなみに日本人の3分の1はこの遺伝子が変異しているといわれています。
3人に1は、太りやすい体質であるということですね。

遺伝子の変異はどうすることもできませんが、
あなたの努力次第では、この褐色脂肪細胞を活性化することが可能だそうです。

それは、寒さや冷たさなどの寒冷刺激を与えることだそうです。
(特に冷たい水(18度程度)の中で泳いだりするとよいみたいですよ。)

なかなか楽には痩せさせてくれませんね!

また、昼間は、しっかり身体を動かして活動し、夜は早めに床につき、
充分に睡眠をとる、など、メリハリのある生活を続けると
褐色脂肪細胞の働きがよくなるそうですよ。

スポンサードリンク

脂肪増減のしくみ

スポンサードリンク

◆脂肪増減のメカニズムとは


脂肪増減のメカニズムを知る

人の体には、脂肪を貯める専門組織=脂肪組織というものがあるんです。
脂肪細胞は脂肪組織を構成しているんです。

脂肪は、脂肪細胞の中の「脂肪球」と
いわれる油滴の中に蓄えられているんです。

食物から得た脂肪と糖は、脂肪酸とグリセロールに分解されてから、血液に運ばれてこの油滴に貯蔵されるのです。

筋肉は就寝前の方が効率良くつくんですよ。


脂肪増減のメカニズについてさらに詳しくご説明したいと思います。


脂肪細胞の中には油滴という脂肪を貯めておく袋のようなものがあるということは、先ほどのべました。。

食物から摂取した脂肪や糖は、脂肪酸とグリセロールに分解されて、血液によって運ばれてこの油滴に貯蔵されるという流れになっています。

ですから、食事によって取り入れられた脂肪分が直接脂肪として蓄積されるわけではないんですね。

油滴の袋が大きく膨らんでいる状態の人が太っている人というわけです。
痩せるためには、この油滴に入っている脂肪を運動によってかき出し、雲散霧消させ、油滴の袋を小さくする必要があります。

脂肪は日中の活動している間は、身につきにくく、
活動していない就寝時につきやすい傾向があります。

脂肪は、わりと性格悪いです。


ご存知でしょうが、寝る直前に食べると、太りやすくなります。

しかし、筋肉も就寝前に効率良くつきます。

就寝前の筋肉運動は有効のようです。

また、日中の活動期でも食事をした後、余分に摂取した糖分や脂肪分は脂肪として各細胞にエネルギーを蓄えようとしますから、お菓子などの間食の摂取を日常的に繰り返されている期間が長くなると、脂肪細胞は厚みを増してしまうのです。

スポンサードリンク

脂肪細胞について

スポンサードリンク

◆脂肪細胞について


ダイエットの話題が、テレビなどで取り上げられると脂肪細胞ってよく出てくる言葉ですよね。

でも脂肪細胞って何だろう?そう思いませんか?

脂肪細胞を知らなくて、痩せる為に脂肪細胞を減らすとかいって一生懸命ダイエットに励もうとしているあなた!

ハッキリ申し上げます、無駄ですからおやめなさい。

だって脂肪細胞は減らないんですから


では、減らない脂肪細胞について詳しく説明しますね。


肥満になるということは、両親からの遺伝という要素もありますが、それよりもはるかに後天的な要因のほうが多いのです。

まず最初は、お母さんの妊娠末期の3ヶ月。

つまり、お母さんのおなかにいる胎児の時期ですね。

次は乳児の時期。母乳やミルクを飲んで育っていく時期です。

そして、3回目は、子供から大人に変わっていく思春期のころです。

脂肪細胞の大きさも、誕生後から増大し、6歳のときには生まれた時の約3倍にもなります。

人間の脂肪細胞の数は、250〜300億個もあるんだって!ちょっとビックリですね。

成人になっても、800〜1000億個を上限に増え続けるらしい?という恐ろしい事実。

つまり、若いときに痩せていたからって、
ちっとも安心はできないんだってことをお伝えしたいのです。

脂肪は、脂肪細胞の中の「脂肪球」と
いわれる油滴の中に蓄えられているんですね。
そして、その総量は、脂肪細胞の数と、
1個1個の脂肪細胞の脂肪球の中の脂肪の量によって決まります。

ダイエットをする目的とは、脂肪細胞の中の脂肪球に
蓄えられている脂肪の量をできるだけ減らしていくことなんです!



ダイエット効果により、脂肪が燃焼されると、
脂肪細胞のサイズは小さくなっていきます。

脂肪を燃焼させるには、酸素を有効に取り入れる運動が必要です!

そして、その取り入れた酸素を有効に使うためには筋肉が必要なのです!

脂肪を燃焼させるためには、筋肉を適切に鍛えるのです。

自分自身の体と心を守るのは、あなた自身しかいません。


脂肪細胞について、さらに詳しく説明しましょう。

脂肪細胞の数全体は幼児期(ほぼ3歳まで)にだいたい決まっててしまうそうです。

それ以降は、増殖型肥満などの特殊な場合をを除いて、思春期にほんのわずか増える程度で、数の増減はありません。

子供のころから太っている人は、脂肪細胞の数が増えているため、痩せにくい傾向にあります。先ほどの説明で納得できると思います。


一度増えてしまった脂肪細胞は、まことに残念ですがその後、数を減らすことができません。融通が利かないのが脂肪細胞の特徴です。

ですので、美容や健康のために痩せるには、蓄積される脂肪細胞の大きさを変化させることにかかっているといえるのではないでしょうか。

脂肪細胞は、風船のように、細胞が膨らむと太り、逆にしぼむと痩せる性質があります。 あまり膨らみたくないですね!

ダイエットでスリムになるということは、この脂肪細胞を縮ませることといえるのではないでしょうか。 


※ 増殖型肥満とは?

増殖型(過形成性) 肥満は、脂肪細胞の数そのものが増えていく肥満で、
主として乳幼児や子供の肥満に多く 見られるタイプです。
気をつけましょうね!

スポンサードリンク

脂肪の働きと役割

スポンサードリンク

※ 脂肪の栄養素としての役割りとは

脂肪は炭水化物やタンパク質と比較して、
約2倍のエネルギーを放出します。

筋肉などの重要なタンパク質の減少に歯止めをかけ、
食事などを摂りにくい状態の時には、
生命維持のために重要ななエネルギー源としての役割を果たします。

加えて言いますと

脂肪(脂質)は、炭水化物(糖質)、タンパク質と同じ、
三大栄養素の一つとして、人間が生きて行く必要不可欠な
エネルギー源になっています。

さらに体温を維持したり、臓器を保護する働きも同時に行っています。

脂肪(脂質)は、炭水化物(糖質)、タンパク質と同じ、
三大栄養素の一つとして、人間が生きて行く必要不可欠な
エネルギー源になっています。 
 
体のエネルギー源が不足すると、エネルギー源となり、
エネルギーを貯蔵をします。

また体温を維持したり、臓器を保護する働きもしています。

スポンサードリンク

脂肪の役割 とは

スポンサードリンク


◆脂肪の役割 とは

脂肪(脂質)は、炭水化物(糖質)、タンパク質と並ぶ、
食物の三大栄養素の一つです。



まず、脂肪の役割を紹介します。



@
脂肪組織に蓄えられた脂肪は、
エネルギー源として必要なときに燃焼してくれ、
足りないエネルギーを補給してくれます。

A
脂肪は熱伝導率が低いので、
体温保持などの保温作用を持っています。

B
クッション的な役割を持っていて、
内臓を正常な位置に保ったり、皮膚に外傷を
受けにくくするとともに、更にその下の骨や筋肉が
傷つけられないようにという働きがあります。


人間が生命を営む上に必要不可欠なエネルギー源です。


炭水化物(糖質)は日常生活の中で常に消費され、
タンパク質は身体形成のために使用されますが、
脂肪は体のエネルギー源不足になると威力を
発揮するエネルギー源となり、エネルギーの貯蔵や保温をする、
臓器を支えるなど、生命を維持するための重要な
役割を果たしているのです。



ではここで体脂肪率とについて説明します。



・体は脂肪組織のほかに、筋肉や骨、内臓、 血液などでできている。


・体脂肪率(%)は体重にしめる脂肪組織の割合のことをいう。


・体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100 で計算される。




脂肪は炭水化物やタンパク質と比較すると
2倍のエネルギーを放出でき、筋肉などの
重要なタンパク質の減少を食い止め、
食事など供給されないような状態の時には脂肪を
主なエネルギー源として生命維持を図るという役割もあります。



体脂肪率を適正に

・体重と身長では肥満と痩せを決められない。


・適正体重は体脂肪率を加味して考える。


・体脂肪率による肥満と痩せ。



−−− や せ −− − 正 常 −− − 肥 満 −
男性  10%以下  15〜20%  25%以上 
女性  15%以下  20〜25%  30%以上 


※脂肪


-----------------------------------------------------------------

---------------

脂肪(しぼう)とは、脂(あぶら)ともいい、動植物に含まれる栄養素の

一つ。

化学では常温で固体の油脂をいう(常温で液体の油脂は脂肪油)。



栄養学では、脂肪は固体と液体の両方を含む油脂のことを指す。



動物の体内に主に含まれている脂肪を動物性脂肪という。

動物性脂肪は飽和脂肪酸を多く含むので融点が高い。

脂肪は哺乳類の動物の栄養として、重要である。

食物から摂取したり、体内で炭水化物から合成された脂肪は肝臓や脂肪組織に貯蔵される。

脂肪からエネルギーを得るときには、グリセリンと脂肪酸に加水分解してから、脂肪酸をさらにアセチル補酵素に分解する。



植物に含まれている脂肪を植物性脂肪という。

植物性脂肪は不飽和脂肪酸を多く含むので融点が低い。

このため、菜種油のように常温で液体なものが多い。

ただ、ココナッツ油のように飽和脂肪酸を大量に含む油もある。



純粋な脂肪は無味無臭無色であるが、天然のものは不純物を溶かしている

ために色が付いている。



脂肪と水酸化ナトリウムとを反応させると石鹸が得られる。

この反応をケン化(鹸化)という。



脂肪族化合物とは、有機化合物のうち炭素原子の環状配列をもたないもの

をいう。

脂肪中に含まれるので名づけられた。

鎖式化合物ともいう。




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用




スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。