脂肪吸引の麻酔

スポンサードリンク

◆脂肪吸引施術時の麻酔について 

脂肪吸引の施術には、麻酔が必要です。 

麻酔を使わなければ痛くてたまりません!って激痛です!!

ごく稀に手術費用をケチッて麻酔は必要ないですから、なんていう人が

います。・・・って!いませんから!

ですので、当然のことですが、全身か局部かは別として麻酔は必要です。

では、どんな麻酔を使うのかご案内する事にいたします。

ただ、どの病院でどの麻酔を使っているのかまでは
解かりませんので事前調査をするときに確認してくださいね。

麻酔を使いませんなどと云う病院は避けましょう!

野戦病院でもそんなことはしません!

もしそんなことをしたら激痛で生き地獄だと思いますよ!


麻酔の方法には以下のような種類があります。

施術の内容や個人の体質に合わせて麻酔方法が選択されます。

1.静脈麻酔

施術範囲が狭い場合に限り、よく使用される麻酔法です。

静脈に点滴で麻酔薬を流します。麻酔薬の量により

起きていることも眠ることもできます。


2.硬膜外麻酔

人体と硬膜の間にある硬膜外腔という場所に

背中からカテーテル(細い管)を入れて

このカテーテルから持続的に麻酔薬を入れます。

無痛分娩などにも用いられる安全性の高い麻酔法で

意識はそのままで痛みだけを取り除くことができます。

手術後少し休んでから、身体に異常が無いことを確認できれば

そのまま帰宅できます。

3.局所麻酔

局部麻酔ともいいます、末梢神経に麻酔薬を
注入し痛みの感覚をなくする方法です。

もちろん意識ははっきりしています。手術の範囲が狭い場合にとても
有効的な方法です。


4.全身麻酔

通常は、まず静脈麻酔を行ない、
眠っている間に細い管を喉の奥に通して麻酔ガスを流します。

全身麻酔は、他の麻酔方法に比べると身体にかかる負担が大きいので、
術後は充分に休養をとる必要があります。

スポンサードリンク

肥満とストレス

スポンサードリンク

※肥満とストレスの関係

肥満と一口に言っても、様々なパターンがありますね。
その中でも普段の生活の中で起こるストレスと
肥満は密接な関係があるようです。



もっとも肥満に限らず、ストレスが多くの疾患の
誘因になっていることは研究により
明らかなりつつあるようです。

例えば
「何らかのショックで何も喉を通っていかない」というような症状を
経験されたことはないでしょうか?


突然、急激に強いストレス(ショック)を受けた場合は、
食欲が減退してしまう、ということがあるようですが、
その反対に慢性的にストレスを感じている場合は、
食欲を増進させてしまうことがあるようです。

つまり過食になってしまうということなんです。

基本的に人間の体は一定の体重を保持しようとする性質を
持っており、食欲の調整が自然に行なわれて、摂取量をコントロールしているそうなのですが、
慢性的なストレスがかかると、どうしても過食になってしまうことがあるようです。


食事をする時に、特に甘いものを摂ることによって、
脳内に快感物質が分泌され、それがストレスをやわらげる役目を
果たす作用があるそうです。

ストレスが溜まってイライラが高じて、ついつい食べ物に手が伸びてしまう人や、暴飲暴食に走ってしまう人は要注意かもしれませんね。

肥満体になってしまうと、自分は「太っている」ということを思い悩んだりして、余計にストレスを感じてしまったりします。

まさに悪循環といえます。

まず慢性的にストレスをためないようにすることも肥満を防ぐためには、大切なことです。

スポンサードリンク

生活習慣病と肥満

スポンサードリンク

※肥満と生活習慣病



「がん」 「心疾患」「 脳血管疾患」

この三つが三大生活習慣病 として挙げられます 。

それでは肥満をメインとして考えたときの生活習慣病は何でしょうか?

それは、発病、症状など少し理解しづらい病気なんです。


三大生活習慣病は死因の先に述べた

「がん」 「心疾患」「 脳血管疾患」が

上位を占めている重要な病気であり

その手前の段階でなりやすい生活習慣病が

高血圧や高脂血症、糖尿病などの病気です。


自覚症状はほとんどなく気がつかないうちに

症状が進行してしまうことも多々あるようです。

昨今の肥満は、肥満症とも呼ばれているほどで

ある種の病気のように扱われる傾向にあります。


肥満は、糖尿病をはじめ

多くの生活習慣病を発症するリスクと確率を高めます。

「肥満は人類の疫病である」というのが

WHO( 世界保健機関)での位置付けになっています。


1.脂肪肝

高脂血症と同じく非常に多く見られる疾患であり

肝臓に脂肪が過剰に蓄積している状態を指します。

そのままの生活習慣を続けていると

肝炎、肝硬変、肝臓がんなどにも発展する可能性があります。


2.高脂血症

血中の中性脂肪やコレステロールが増える病気です。

中年以降の半数が高脂血症と言われています。

それほど中高年に多い病気なのです。

高脂血症の人は、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの

疾患も併発しやすい傾向にあります。



3.高血圧  

糖尿病と同じく、肥満と高血圧も相互に深く関係しています。

正常な体重に減量するだけで改善するといったケースもあり

肥満との関係が深いことが研究の結果として分かっています。



4.肥満と関係の深い生活習慣病

糖尿病(インスリン 非 依存型)

肥満体になっている人に糖尿病が多いこと

糖尿病になると肥満になりやすいことは

両方ともに明らかになっています。

糖尿病は、血中のブドウ糖の濃度が上昇してしまうことで

様々な合併症を引き起こす病気です。

主な合併症には、視力低下や失明、腎臓の機能低下

動脈硬化、神経障害、足壊疽などがあげられます。



上記に挙げたものに限らず、多くの疾患が何らかの形で

肥満によって発症したり悪化したりする可能性を

持っているといえます。

まさに、肥満は万病の元だと言えるようですね。

スポンサードリンク

肥満の原因

スポンサードリンク

◆肥満を引き起こす様々な原因?

肥満の原因は、その人によって様々な理由があるかも知れませんが、
結局のところ最終的には一日の消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いから肥満になってしまうということが言えるでしょう。

しかし不思議なことに、昭和30年から平成4年まで日本人の平均的な摂取カロリーを調査したデータによりますと、一日平均2100キロカロリー弱という数字は昔からほとんど変わっていないのが実情のようです。

それにも関わらず、肥満の人の割合は昭和30年ごろと比較してみると
現在ではその約三倍にも増加しているのです。

平均的な摂取カロリーはほとんど変わっていないのにもかかわらず
肥満の人だけが増えてしまったという事実があるんです。

これはなぜでしょうか。

およその見当は付いていると思いますが、やはり原因として考えられるのは、日本人の食事が時代とともに欧米化して、肉を多く食べるようになったこと

またファーストフードや油を多く含んだお菓子が普及したことなどが大きな要因として挙げられます。

脂質は三大栄養素の中でも、最もカロリーが高く、脂肪として体内に蓄えられやすいという性質を持っています。

食事面において、この脂質を多く含んだ食べ物が増えたということ、
また脂質を含んだ食事を好む人が増えたということが、日本人の肥満が増加した原因の一つだと考えられています。



 


1.摂食中枢(食欲の調整)の異常

基本的に人間の身体は体重を一定に保つように、
空腹感や満腹感を調整していると考えられています。

この調節機能に異常が発生すると、
空腹感や満腹感を与える指令がうまく調整、伝達ができなってしまい
その結果、食べ過ぎたり食べなさ過ぎたりして、
太ったり痩せたりしてしまうようです。


2.欧米化した食生活の環境

日本人の食生活が、欧米化したことにより、
高カロリー食を摂取する傾向になってきたことの弊害が
肥満の原因かもしれません。

また幼児期に高カロリー食を多量に摂取すると、
脂肪細胞が増殖し一生太りやすい体質になってしまうとの報告もあります。


このように肥満の原因は十人十色であり、
それぞれに合ったダイエットをすることが必要となってきます。

流行っているからといっても、
そのダイエット方法が素直に自分にも当てはまるとは限らないようです。


3.エネルギー消費機能(基礎代謝)の異常 

  エネルギー消費の大部分を占める基礎代謝などに
異常をきたしている場合も肥満になる場合があるようです。

実際に肥満している人の脂肪細胞は、
肥満していない人に比べて基礎代謝能力や熱産生能力が
低いという報告もあります。


4.遺伝的な要素   

 
一家全員が太っているという場合には、
遺伝的な原因があるのではないかと考えられます。 

もちろん家族ですから、一緒に生活して同じものを
食べている可能性が高いと推測されますので、肥満になりやすい食習慣に原因がある場合も考えられます。
 
しかし遺伝的な原因の場合、食習慣を改善したというだけでは、
予防できないとも言われています。  

肥満の定義

スポンサードリンク

隠れ肥満には要注意

スポンサードリンク

※隠れ肥満にはご用心

お腹は体全体で一番最初に脂肪が付く場所なんです。
胃や腸等、体の代謝の重要な器官が集まる場所でもあり、
この場所に脂肪が付いてしまうと必然的に太りやすい体質に
なってしまう傾向があります。

お腹周りで脂肪が付きやすい場所は、
大きく分けて以下の3ポイントが代表的です。

1.わき腹の脂肪
2.皮下脂肪
3.内臓脂肪



最近の研究によって、特に生活習慣病と内臓脂肪型肥満の関連が深いことが明らかになってきています。

肥満の場合、内臓脂肪型肥満であるかどうかを
判断、確認することが重要な項目になってきています。

厳密にいいますと、CTスキャンで腹部の断面を撮影して診断し、 内臓脂肪面積が100平方センチ以上ある場合は、内臓脂肪型肥満と判定されるようです。


1.内臓脂肪が悪影響を及ぼす



健康な体は大切ですが、それ以外にも、見た目にも悪影響が大きいのがお腹にたまった脂肪ですね。
普通につまめてしまうのならまだましですが、しゃがみこんだ時にベルトの上に乗ってしまったりすると、もう最悪です。
また、お腹周りに脂肪が付いてしまうと、内臓の動くスペースが狭くなってしまっている為に肺を圧迫してしまいます。

そうなると肺が小さくなり、酸素の吸収率が減り、脂肪を燃やす為に

必要な酸素の量が不足してしまいます。悪循環の始まりです。

それに息切れしやすくなって、全体的な運動量も低下することになり、太りやすく痩せにくい体質へと変化して行くのです。

さらに厄介なことに!

脂肪組織は、エネルギーの貯蔵庫としての役目のほかに、生体の様々な機能をコントロールしている生理活性物質(サイトカイン)を生産していることがわかってきました。

特に内臓脂肪が過剰に蓄積された状態では、
サイトカインが正常に生産されにくくなるので、
様々なトラブルを引き起こすようになります。

血栓が出来やすくなったり、動脈硬化になったり、
糖尿病になったり、といった悪影響が出始めてきます。


2.隠れ肥満は深刻な問題

一見すると肥満には見えない体型でも、内臓脂肪が必要以上に増えてしまう、いわゆる隠れ肥満は心配です。

隠れ肥満は、ダイエットのリバウンドを繰り返してしまったり、
運動不足や、偏った食事を続いてしまうと、なりやすい症状と言われています。

上記の項目に思い当たるふしがあり、全体的には痩せていても、
お腹だけがポッコリ出ているような場合は、隠れ肥満を疑って見る必要があり要注意です。

スポンサードリンク

単純性肥満と症候性肥満

スポンサードリンク

※単純性肥満と症候性肥満


1.単純性肥満


摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが何らかの理由(暴飲暴食、カロリーの高い食事の摂取等)で崩れ、過剰なエネルギーが脂肪として体内に蓄積した状態を単純性肥満といいます。

食べすぎや身体活動量の低下などの原因には、生活習慣の乱れが根本にり、小児の1〜2割が単純性肥満であると考えられています。

それに加えて小児期から肥満となり、そのまま成人になると、高血圧や糖尿病という動脈硬化性または代謝性疾患を発症する可能性は、標準的な体型を保持している成人の約60倍も高くなるといわれています。

肥満の人の95%がこのタイプとされています。

特に身体の機能に特別な異常があるわけでも、
特定の病気が原因となっているわけでもなく 単純に生活習慣が
肥満の原因となっている場合です。



▲症候性肥満


上記の単純性肥満と異なり、生活習慣に関わらず、病気や身体機能の異常によって起こる肥満のことを指します。



薬の副作用やホルモンの分泌異常や脳の疾患からくる摂食異常などから起こります。

代謝異常や内分泌疾患の一部でも肥満をきたします。

これらをひとまとめにして症候性肥満と言います。

症候性肥満の例として、以下のようなものがあります。


視床下部性肥満 :

ローレンス・ムーン・ビードル症候群
フレーリッヒ症候群
プラダー・ウィリー症候群


Cushing症候群では副腎皮質ステロイドの過剰による症状として、
中心性肥満を呈します。

甲状腺機能低下症では甲状腺機能の低下によって
脂肪分解が阻害されて肥満の原因となります。

カルシウム代謝に関連するホルモンであるPTHに対する細胞の
反応異常を示す偽性副甲状腺機能低下症のIa、Ic型や
偽性偽性副甲状腺機能低下症では、
AHO体型(肥満、低身長、円形顔貌、中手骨・中足骨の短縮など)を
特徴とする肥満を示します。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性は、
男性化(多毛、にきび、低声音など)と肥満を示します。

薬物性肥満は薬物の副作用が引き起こす肥満のことであり、
副腎皮質ステロイド薬の副作用などで見られるものが特に有名です。

スポンサードリンク

肥満の体型分類(美容外科)

スポンサードリンク

※肥満の体型別分類ってどのようなものがあるんでしょうか

肥満の代表的な体型がありますので、ここでは二つの例を出して説明します。

肥満の体型別分類について御説明いたします。まず、俗に中年太りと呼ばれる典型的

な体型についてですが、いわゆる「ビール腹」「リンゴ型肥満」といわれているものは、内臓

の周りに脂肪が蓄積され、その結果、お腹がせり出してきます。

生活習慣病と深い関わりを持つ「内臓脂肪型」は、虚血性心疾患、脳卒中、糖尿病、

高血圧などの誘因になります。

◆皮下脂肪型(洋梨形)

皮下脂肪型の特徴として下半身太りがあります。皮下(尻、腕、脚など)に脂肪が蓄積

されて、ブヨブヨとした感じになります。これは、日本人女性の肥満の典型的な体型で「洋

ナシ型肥満」と言われる場合もあります。


次に各体型での説明に入ります。

◆内臓脂肪型(リンゴ型)

内臓脂肪型の特徴として、内臓(腹部)に脂肪が溜まり弾力があることです。
主に男性に多く見受けられます。いわゆる中年太りの典型的な体型です。
俗に言う、ビール腹ですが、リンゴ型肥満と言われる場合もあります。

30歳を境としたその前後あたりから脂肪が腹部に付きやすくなってきます。
脂肪が内臓の周辺に付着して、お腹がせり出してきます。

内臓脂肪型は、生活習慣病と深い関わりがあり、脳卒中、高血圧、糖尿病、虚血性

心疾患などの誘因となっています。

昨今よく耳にする「メタボリックシンドローム」という言葉の影響もあってか、内臓脂肪の関

心が高まりを見せています。

◆皮下脂肪型(洋梨型)

皮下脂肪型の特徴は」下半身太りですね。皮下(脚、腕、尻)などに脂肪が溜まって、

ブヨブヨとした感じになります。

主に女性に多く見受けられます。日本人女性の典型的な肥満の体型です。別名、洋ナ

シ型肥満と言われます。

肥満が主な原因による合併症は起こりにくいと言われています。

女性は、脂肪のつく場所に年齢とともに変化が見られます。

まだ若い20代後半ぐらいまでは太ももやヒップにあった脂肪は、それ以降、年齢とともに腹

部やウエストあたりに脂肪が付いてきます。


ホルモンの分泌が、加齢と共に変化して、
体脂肪が増加して、次第に筋肉が落ちてしまいます。
重力との関係でバストやヒップが垂れ下がってしまい
さらには皮膚にもハリがなくなってしまいます。


(予防方法としては、なるべく余計な脂肪をためないこと、基礎代謝率を維持するために

適度な筋肉をつけておくことが必要となります)


※ メタボリックシンドロームとは?(内臓脂肪)

内臓脂肪が蓄積されて、生活習慣病を引き起こしやすくなった状態のことをいいます。中

性脂肪の数字もあがっている場合が多いです。
メタボリックシンドロームになっている人が糖尿病を発症するリスクの確率は、通常の人の7

〜9倍、心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクの確率は約3倍にもなるといわれています。

スポンサードリンク

肥満の定義

スポンサードリンク

※肥満

肥満とは一般的に体脂肪が過剰に蓄積された状態であると定義されています。

人間の体の構成を調べると、約60%くらいの水分と20%くらいの固形成分、そして20

%くらいの体脂肪で形成されています。

以下のような公式があります。

標準体重(kg) = 身長(m)×身長(m)×22

ご存知の方も多いかと思いますが、これは体重だけを見る指標で、内臓脂肪型肥満につ

いては判定できません。

男性の場合は15%〜20%が適正、25%以上は太りすぎ、
女性の場合は20%〜25%が適正、30%以上は太りすぎ、と判定されます。

この肥満を早く解消しないと、糖尿病や高血圧症、心疾患、不妊症などの疾患を引き

起こす原因となります。

次に、脂肪とは何かを脂肪吸引を引き合いに出して解りやすく説明していきたいと思いま

す。

肥満とは、過剰に体脂肪が蓄積した状態を指します。
計測した数字を見て単純にに標準体重より重いからといっても、
即、短絡的に肥満であると即断できるとは限りません。

摂取するカロリーが消費するカロリーを上回る状況が長く続いてしまうと、過剰な栄養分

が体内に蓄積されることになって、これが肥満の原因になります。

もちろん、生命活動を維持するためには、適正な脂肪の量は必要です。

また、皮下脂肪の数(顔やお腹、太腿など、その部分に存在する『脂肪細胞』)は、小

児期(生後1歳までの乳児期)の時代に、
だいたいの数は決まってしまうと言われています。


最近の研究で、後においても、少量ではありますが「脂肪細胞」が増える可能性があると

いう報告もあるようです。

余分なカロリーは、脂肪細胞に取り込まれます。

「脂肪細胞」自身が過大になって、外見から見てその部分が膨らんでしまった状態を、部

分肥満といいます。

特に短期間で太ってしまった場合、肉割れ、妊娠線、さらには
セルライト(脂肪細胞の塊)の原因となります。

肥満の原因

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。