人気のダイエットマシン、注意しながら使うこと。

スポンサードリンク



常日頃、もう少しやせたいと考えている方は老若男女問わずですね。
あと少しやせると、あと何キロやせると、と思いながら無理な減量をするために過度の運動やダイエットマシンに全幅の信頼をおいてトレーニングに励むのも、これからは注意が必要になるかもしれません。

 今年こそスリムに痩せるのだと、張り切っている中高年の方々も無理は禁物です。人気のダイエットマシンには危険な“落とし穴”があったのです。国民生活センターにも「お尻の皮が擦りむけた」とか「腰がおかしくなった」などの苦情が寄せられているようです。

特に最近目立ち始めた「乗馬マシンには要注意です」と警告するのは、「さかい保健整骨院」(東京・王子)の酒井慎太郎代表院長です。ボクシングの内藤大助や、元メジャーリーガーの野茂英雄の腰痛治療でもよく知られています。
「乗馬マシンは自分の意思とは関係なく、下半身が動きます。そのため、背骨の中にある脊柱管がずれて、脊柱管狭窄症になることがあるというのです、ちょっとばかり恐ろしいではありませんか。本来の目的と正反対の結果になってしまうなんて。実際、腰を痛めたという患者さんが増えています」
 脊柱管狭窄症とは文字通り、脊柱管が狭くなり、中を通る神経が圧迫される病気。ひどくなると歩行が困難になり、100メートルくらい歩くごとに座らずにいられなくなる。立っているのがおっくうになり、ついつい何かにつかまろうとする。

タレントのみのもんたもこれで手術したが、今でも時々机に両手をつく。クセになっているようですね。

「ダイエットブームでいろんな運動が持てはやされていますが、腰に響くものが多い。たとえば、ビリーズブートキャンプだと、空手のように蹴り上げる動きが危険。股関節の上にある中殿筋を痛める可能性がある。この筋肉は使いすぎてはダメなんです。

乗馬マシンにしろビリーにしろ、運動に慣れていない人が、いきなりやるのは危ない。ゆっくりとした運動から始めるべきです」いくら流行っているからといっても、自分自身にあっていないものは避けるべきです。勝手に自分で判断しないで、専門家に相談してみることが必要です。


スポンサードリンク

|トピック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。