ストレス太り

スポンサードリンク

ストレス太りという言葉をよく耳にします。

本当にストレスで肥満になるのでしょうか?

この疑問にアメリカの大学研究チームが答えを出しました。

動物実験で成功したらしいです。

アメリカの医学専門誌「ネイチャーメディスン」が発表したところによると、脂肪を薬でコントロールできるそうなんです。

メタボリックやしわ取り、豊胸手術などの形成外科に期待が集まりそうです。

ストレスと肥満は現代社会において大問題になっていますから、早く具体化されるといいと思います。

研究を発表したのはジョージタウン大学医学部などの研究チームで「ネイチャーメディスン」の電子配信です。

マウスに高カロリー食を与え、ストレスを与えなかったマウス群と比較すると、2週間後にはストレスを与えたマウスは約2倍腹部の脂肪が増加、3カ月後には肥満と高血圧・高コレステロールなどメタボリック症候群の症状が現れたそうです。

マウスを毎日寒さに1時間さらす、もしくは、より攻撃的な種類のマウスと10分間同じカゴに入れることで慢性的にストレスを与えると、腹部の脂肪組織内の交感神経から「ニューロペプチドY」(neuropeptide Y : NPY)という物質が放出されるとともにその「Y2受容体」を活性化することが判明しました。

この脂肪組織内の「Y2受容体」の働きを制御することにより、脂肪を増減し、肥満とメタボリックシンドロームの治療に新たな道を開くと結論付けています。

「ニューロペプチドY」と「Y2受容体」をブロックしたり刺激したりすることが、はたして人体にとって安全なのかを実証するための研究がさらに継続して必要だとの慎重論もあります。

同研究チームは、既に特許を申請して製薬会社とライセンスに関する協議を始めており、人体への臨床実験は2年以内に始まる予定だということです。

皮下脂肪と内臓脂肪

スポンサードリンク

|トピック
ストレス太りへのTBURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46929298


ストレス太りへのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。