脂肪細胞の種類と働き

スポンサードリンク

脂肪細胞の種類と働き

脂肪細胞には(WAT)「褐色(かっしょく)脂肪細胞」(BAT)と「白色(はくしょく)脂肪細胞」という、
全く働きの違う2種類の細胞に分類する事が出来ます。

褐色脂肪細胞の分布場所は、首の周り、脇の下、
肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りの5カ所で、
体内に蓄積された余分なカロリーを熱に替え、
放出させる働きのあるありがたい細胞です。

褐色脂肪細胞は幼児期に多く存在し、成人になると減少します。
褐色脂肪細胞に蓄積された脂肪は、
体温を維持するための熱源として使用されます。

褐色脂肪細胞は、成長期に入ると少しずつ減り、
生まれたばかりの時に約100gあったものが、
成人になると40g程度に減ってしまいます。

歳を重ねるとともに身体に脂肪がつきやすくなるのは、
褐色脂肪細胞が減ってくることも大きな要因です。

褐色脂肪細胞の働きが活発な人はエネルギーを
たくさん消費し、活発でない人は、
エネルギーの消費も少なめということになりますが、
この褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子によって操作されます。

褐色脂肪細胞に関わる遺伝子に変異を
持って生まれてくる人がいます。

白色脂肪は全身のあらゆるところにあり、
とくに下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、
内臓の回りなどに多く存在しています。

体重がそれほど多くなくても、下腹部やお尻、
太ももなどの太さが気になる人が多いのは、
これらの部分に白色脂肪細胞が多いためです。

体内に入った余分なカロリーを
中性脂肪の形で蓄積する働きがあります。

日本人の3分の1はこの遺伝子に変異をもっているといわれ、
このような人たちは、そうでない人に比べ基礎代謝量が
平均約200kcalも低く、太りやすい体質ということになるわけです。



スポンサードリンク

|脂肪細胞

脂肪細胞の種類と働きへのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。