脂肪細胞とは

スポンサードリンク

脂肪細胞とは?

ダイエットをする目的は、
脂肪細胞の中の脂肪球に蓄えられている脂肪の量を
減らしていくことが重要になります。

脂肪細胞は、これまで脂肪細胞は生まれたばかりや思春期など、
ある限られた時期にだけ数が増えると言われていましたが、
最近の研究では、その時期以外でも栄養過多になれば
(特に高齢女性で)数が増えるそうです。

脂肪細胞の中では、脂肪の合成、分解、蓄積が行われます。

医学的に脂肪細胞の数は、
250億個〜300億個とも言われ、
脂肪細胞1つの直径は1万分の1mmです。

脂肪細胞の数が増えたり、細胞自体の
脂肪蓄積量が多くなると「太った」状態となります。

これまで脂肪細胞は成長期に
細胞数が増えると言われていましたが、
最近の研究では、体の成長が終了した以降でも、
栄養過多により細胞数が増えるとか。

脂肪は、脂肪細胞の中の“脂肪球”といわれる
油滴の中に蓄えられています。

一度増えてしまった脂肪細胞は、
その後、数が減ることはなく、蓄積される脂肪の量によって
大きさが変化するだけなのです。

ダイエットをする目的は、
脂肪細胞の中の脂肪球に蓄えられている脂肪の量を
減らしていくことが重要になります。


スポンサードリンク

|脂肪細胞
脂肪細胞とはへのTBURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32452225


脂肪細胞とはへのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。