脂肪吸引費用

スポンサードリンク


脂肪吸引にかかる費用


脂肪吸引は、美容外科扱いですので、健康保険は適用されません。
ですから、施術費用は、それなりに高額になってしまいます。

しかし

目をみはるほどの高額というわけではなく、
多少無理すれば、手の届く範囲内であります。

「美しさへの投資」だと覚悟して臨みました。

とはいえ、もちろん、できればなるべく
コストは安いにこしたことはありません。

それで、事前にいろいろと調べてみました。

施術にかかる費用は、クリニックによっても、
施術する箇所、吸引する範囲(施術の規模)によっても
、かなりの差異が生じます。

また、費用に血液検査やアフターケアの料金が
含まれる場合と含まれない場合もあるようです。

クリニックによって、料金設定も細かく分かれていて、
同時に複数の箇所を脂肪吸引する場合、
割引きセット料金が適用されたり、
キャンペーン割引をしているところもあります。

しかし、費用が安いからというだけの理由で、
安易に決めてしまうことだけは、絶対に避けてください。

気に入ったクリニックをいくつかピックアップして、、
事前にカウンセリングや料金の相談をして、
充分に納得してから決められた方がよいと思います。

脂肪細胞は、一度とってしまうと、
もう元に戻らないのですから、クリニック選びは、
慎重にされることをオススメします。

脂肪吸引の施術費用は、
クリニックによって様々であるのですが、
できれば、おおよその金額、いわゆる相場を
把握しておかれた方がよいと思います。

こちらで、おおよその目安をご紹介しましょう。
(あくまでも目安ですので、
この価格の下限よりも低い場合も上限よりも
高い場合もあると思われます。ご了承願います。)

頬  25万〜30万

顎  20万〜30万

二の腕 15万〜40万

お腹  30万〜100万

太もも 30万〜70万

ヒップ  15万〜40万

ふくらはぎ 45万〜50万

足首    13万〜40万

脂肪吸引する範囲や、施術の難易度に
よって料金も変わってくるようです。

実際には各クリニックによって、
アフターケアの料金が含まれる場合とそうでない場合。
セット割引が適用される場合など、
非常に細かく料金設定されているようです。

カウンセリングの際に、
「これこれこんなふうにして欲しい」と
自分の意向をはっきりと伝え、見積もりを出してもらってから、
しっかりと検討されるとよいと思います。





※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史の流れ

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

脂肪吸引の始まり

1970年代に入ると脂肪を掻き出すと同時に
電動吸引する方法が考案され、1970年代後半には
吸引用のカニューラが使用されるようになりましたが、
合併症が多く安全な手術という認知は得られなかったようです。

脂肪吸引術の発展と普及

フランスのIllouzは、脂肪細胞の結合を緩める注入液を
使用した脂肪吸引を研究・開発し、以後、脂肪吸引術は
次第に正当な外科的手術として認知されるようになっていったのです。

特に、1982年に米国形成外科学会での調査によりその有効性が確認されると、急速に世界の注目が高まるようになりました。

スポンサードリンク

|脂肪吸引
脂肪吸引費用へのTBURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31357945


脂肪吸引費用へのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。