まぶたの脂肪吸引

スポンサードリンク


まぶたの脂肪吸引について

まぶたの脂肪吸引は、まぶたの脂肪が多くはれぼったい方に
おすすめの方法です。

一般的に、目の二重手術には『切開法』という本格整形と、
『埋没法』と呼ばれるプチ整形との2種類があります。

『切開法』とは、まぶたにメスを入れ、
縫い目により二重を作る方法ですが、
今はほとんどの方が『埋没法』で
自然な二重を作り出すことが可能です。

プチ整形なら修正もできるので、
何年後かに目の表情を変えたいというときにも
対応できます

まぶたのライン上に数ミリ程度の穴を開けて、
ピンセットで脂肪を吸引します。

基本的には、傷口は縫合せずに終わらせるようですが、
縫合した方がよい場合もあるようです。

上まぶたに、わずか数ミリの穴を開けるだけなので、
傷はほとんど目立たないようです。

施術時間の目安は30分程度。

脂肪吸引により、軽くてすっきりとした
目元を手に入れられます。


★注意★

まぶたのプチ整形だけで患者さんの美容に
関する要望に全面的に応えることはなかなか
難しいのが現状です。

そのような場合、美容外科のドクターは
他の手術も同時にすることを勧めることがあります。

また、整形後のまぶたの形は年齢や遺伝により
変化してしまうこともあることを知っておくべきでしょう。

まぶたの脂肪吸引の成果はそのまま保たれますが、
中には何年後かに新たに整形をする患者さんもいるそうです。



※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史の流れ

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

脂肪吸引の始まり

1970年代に入ると脂肪を掻き出すと同時に
電動吸引する方法が考案され、1970年代後半には
吸引用のカニューラが使用されるようになりましたが、
合併症が多く安全な手術という認知は得られなかったようです。

スポンサードリンク

|脂肪吸引
まぶたの脂肪吸引へのTBURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31357774


まぶたの脂肪吸引へのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。