ヒップの脂肪吸引

スポンサードリンク


ヒップの脂肪吸引について

ヒップの脂肪吸引は、ヒップがたるんでいる人、
下着からヒップの脂肪がはみ出ている人などに、
効果のある方法だといえます。

施術によって、ヒップラインをすっきりさせ、
たるんでいた部分の脂肪を取り去って、
ヒップのボリュームを上へ移動させ
ヒップアップさせることもできます。

ヒップアップすると足が長く見えて、
スラっとした下半身を手に入れることができます。

施術は、ヒップと太ももの間のシワに沿って
カニューレを挿入して行われます。
施術時間の目安は、2〜3時間くらいです。
手術の跡は、ほとんど目立ちません。


脂肪吸引後は切開口を丁寧に縫合し、
特殊なストッキングを使って圧迫固定します。

麻酔の方法は、脂肪吸引する量により異なりますが、
少量の場合は局所麻酔で行います。


ヒップの脂肪吸引はラインがすっきりするだけでなく、
下垂していた部分を取り去ってヒップのボリュームを
上へと移動するため、ピンと上を向くヒップアップ効果があります。
これにより足が長く見え、スラっとしたプロポーションを得られます。


▲ヒップの脂肪吸引の特長

1: 2005年製体外式超音波を用いて安全でスピーディーに脂肪を吸引。
2: ヒップから脚にかけての理想的ラインを
イメージしながら吸引、だから美しい。
3: ヒップアップ効果によって脚が長く見える。
4: 術後の経過も良好で、腫れがほとんど生じません。



術後は、腫れますので、
1〜2回の通院が必要になってきます。

ただし、失敗した場合
(ヒップの上部の脂肪を取りすぎてしまうなど)、
貧弱なヒップになってしまう恐れがあるようです。






※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

吸引の目的も、単なる大量の脂肪の除去ではなく、
吸引によって、いかにして美しいボディーライン・フェイスラインを
作り上げるか、というレベルを目指すようになってきました。 

それはちょうど芸術家が彫刻を作り上げるように、
脂肪吸引によって、美しいボディーラインやフェイスラインを彫刻する、
という意味で、欧米では脂肪吸引のことを、
別名、脂肪彫刻(lipo-sculpture)と呼ばれているほどなのです。

現在は「医療技術や医療器具の進歩」により、
高い安全性と共に目覚しい効果が期待できるようになりました。  



スポンサードリンク

|脂肪吸引

ヒップの脂肪吸引へのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。