二の腕の脂肪吸引

スポンサードリンク


二の腕の脂肪吸引について


二の腕は、肩を出す服や水着などを
着たときにどうしても気になる部分です。


二の腕の内側は、皮膚が薄く柔らかいために、
加齢とともに、緩み緩んで脂肪の重さで
垂れ下がってくる場所でもあります。 

二の腕の余分な脂肪を取り除くことで、
スッキリとスラッとした
細い腕にすることができます。

通常太りにくい部位ですが、
いったん太ってしまうと痩せにくいため、
ダイエットをしても簡単には細くなりません。

特注の極細カニューレの開発により、
より細かい部分でも丁寧に吸引することが
可能になり、従来に比べてより美しい仕上がり
実現できるようになりました。

二の腕の余分な脂肪を取り除くと、
女性らしいホッソリとして腕を
手に入れることができ、タンクトップや
ノースリーブがバッチリ似合います。

脂肪吸引の方法は、
ひじの後ろ側からカニューレを挿入して行われます。

二の腕の脂肪組織は、
腹部や太ももに比べると粒子が
比較的小さく、細胞が壊れにくいという性質を
持っています。

ですから上眼瞼や頬などに再注入用に
使用されることがあるようです。


二の腕の余分な脂肪を取り除くことで、
スッキリとスラッとした細い腕にすることができます。

特別の極細カニューレの開発により、
より細かい部分でも丁寧に吸引することが可能になり、
従来に比べてより美しい仕上がりを実現できるようになりました。

仕上がりを保証する制度があるそうなので
各美容外科で事前に相談してください。




※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

手術中の出血も多く、場合によっては輸血なども必要になってくるほど、
大掛かりなものでした。 

しかし、現在は「医療技術や医療器具の進歩」により、
高い安全性と共に目覚しい効果が期待できるようになりました。

スポンサードリンク

|脂肪吸引

二の腕の脂肪吸引へのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。