背中の脂肪吸引

スポンサードリンク

背中の脂肪吸引について

意外と見落とされがちですが、脂肪は背中にもつきます。

脂肪が肩甲骨の下あたりにあると、
下着の締め付けで脂肪の盛り上がりができて、
薄手のシャツを着た時に背後から見える事になります。

肩甲骨周辺の脂肪を吸引すると脂肪の盛り上がりができずに、
ブラウスなどを着た時でもすっきりとした印象になります。

背中で脂肪の付きやすい部分は、
肩甲骨の下あたりです。 

肩甲骨の下あたりに脂肪があると、
下着の締め付けなどにより、
脂肪の盛り上がりができて、
薄手のブラウスを着た時に背後から見えてしまいます。

吸引は、傷跡が下着で
隠れる部分から行われます。

脂肪を吸引すると脂肪の盛り上がりができずに、
すっきりとした印象になります。

施術時間の目安は30分くらいです


 注意 

脂肪がそれなりについている場合でも、
背中の皮下脂肪というのは線維性で
固い脂肪が多いため、吸引しづらいことが
多いのも事実です。

※脂肪吸引一口メモ

◆脂肪吸引の歴史

脂肪吸引は1980年に既に歩み出していました。

脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって
行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだといわれています。

当時は、どの程度吸引すれば効果が出るのか、
よくわからない分からないまま吸引しすぎてしまったり、
吸引量が足らなかったりして、うまくいかないことが多かったようです。


スポンサードリンク

|脂肪吸引

背中の脂肪吸引へのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。