セルライト対策(その4)

スポンサードリンク

セルライト対策 (その4)  

ウォーキングをしてみましょう!

セルライトの予防には基礎代謝を上げる事が大切です。

基礎代謝を高めるためには定期的な運動が
必要という事なんですね。

運動不足は、セルライトを
生み出す原因にもなっています。
めんどうがらずに
意識的に体を動かしましょう。

そこで!

ウォーキングがお勧めです。

たくさん歩くことは、基礎代謝を高め、
運動不足を解消するよい方法です。
現代人は、歩かなくなったことで基礎代謝も
下がり気味だといわれています。
思い当たるふしがあるのでは?

今、セルライトがついてない人でも、
このまま歩かない生活を続けていれば、
将来セルライトができてしまう
可能性も大きくなる可能性があるようです。


では、ここで効果的なウォーキングの仕方を紹介しますね。

背筋をピンと伸ばして歩幅を普段よりも広げて歩くようにして
腕を大きく振り、腰をひねるようにして
早足で歩くことがポイントです。

かかとから着地し、つま先で
地面をけり出すようにします。

最初は無理をしないで1日15分くらいから始めて、
慣れてきたら30分、45分位ウォーキングして最終的には
1時間くらいに増やしていきましょう。

脂肪は運動開始後20分しないと
燃焼しないといわれていますので、
止まらないで休まず歩きたいものです。

これを週に2〜3回おこなってください。


普段の歩幅は身長×0.37くらいですが、
ウォーキングの場合は
身長×0.45が目標の歩幅です。

身長160cmの人なら70cmちょっと。

意識して大股で歩くといった感じですね。

ウォーキングは少し息がはずむ程度が
最も効果的といわれています。

「ハッ、ハッ」というくらいの呼吸で、
さっさっとリズミカルに歩いていきましょう。

腕を大きく振り、腰をひねるようにすると
歩幅も広げやすくなります。

ウォーキングが習慣化してくれば
じっくりと脂肪を燃やし、痩せやすくするだけで
なく、心肺機能が高まり、
運動能力が上がりますからセルライトはおろか
無駄な脂肪も減っていきますね!

こうなったらしめたもの。

歩く速度をさらに高め、キュッと引き締まった
カッコいいヒップもつくってくれます。

ウォーキングを続けると以前ほど脈拍も
上がらなくなってきますが、
これは効果が現れた証拠です、意識して距離も延ばしましょう。


最低限、一日5000〜6000歩は歩く生活が
望ましいみたいです。理想は1日1万歩。

すでにセルライトができてしまっている場合には、
こまめに歩くことに加えて、1日1時間を目安に
ウォーキングするとよいみたいです。

それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ法が良いかと思います。

(お尻)

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。

(ふくらはぎ)

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。

(太もも)

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。

スポンサードリンク

|セルライト対策方法

セルライト対策(その4)へのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。