セルライト対策(その3)

スポンサードリンク

セルライト対策 (その3) 

セルライトの原因を解消できる食材がある事を
ご存知でしょうか?

セルライトの原因を解消することができれば
セルライトに悩む必要はなくなりますね。

今回はそんな食材を紹介したいと思います。

ただし一つ注意点があります。この食材も、100%効果があるというわけではないんです。
人により個人差があり、体質によって異なる場合もありますので
一般的にという事を前提にお話しします。


脂肪吸引などの高額を払う事を考えたら日ごろの
食生活の見直しをするほうがよほど安いので試す価値ありです。
手術より食生活の見直しのほうが先だということですね!

ではご説明させていただきます。

セルライトの原因を解消するための食材とは

基礎代謝アップ食材と合わせて摂りたいのが、
セルライトの原因を解消するための食材です。

「冷え」「血行不良」「むくみ」などのそれぞれの症状を
改善するの効果的な食材を集めてみました。

冷え・血行不良

冷えは、主に血行不良が原因で起こります。
血液の循環をよくするためには、
血中の善玉コレステロールを増やし、
活性酸素を減らして、
血液をサラサラに保つことが大切です。

また身体を温める食材も一緒に摂取しましょう。

(主な食材)

明日葉 モロヘイヤ トマト にんじん 
玉ねぎ まぐろ かぼちゃ しょうが 
唐辛子 にんにく

むくみ

むくみの解消には、水分の代謝を高め、塩分を体外に
排出する働きをするカリウムの多い食品が効果的です。

ビタミンB1やタンパク質と合わせて
摂取することで、さらに水分代謝がアップします。

また、むくみは、塩分の摂りすぎが原因なので、
塩分を摂り過ぎないように気をつけてください。

(主な食材)

じゃがいも いんげん トマト きゅうり アボカド


老廃物の排出

特に食物繊維の多い食材を積極的に
摂取するとよいでしょう。

食物繊維は、腸の中で余分な水分や老廃物を
吸収して便として排出してくれます。

また、ヌメリ成分であるアルギン酸や
レンチシンなども、老廃物や余分な
コレステロールを排出するのに効果的です。

(主な食材)

ごぼう わかめ しいたけ えのき茸 かぶ(生食で)

ホルモンバランス

ホルモンはビタミンやミネラルとは違い、
体内にある細胞でしか作れないため、
食事で補給するのは難しいようです。

しかし、体内で女性ホルモン(エストロゲン)と
似た働きをする成分を含む食材があるので、
それを工夫して摂るようにしましょう。

また、ホルモンバランスは、
自律神経と密接な関係にあります。

自律神経を整えるために、規則正しい生活や
ストレスの解消を心がけることも大切です。

(主な食材)

大豆製品(豆腐 納豆など) えんどう豆 
ナッツ類 かぼちゃ アボカド


※それと同時にセルライト対策をしたい方には、
こちらのマッサージ法が良いかと思います。

〜太もも〜

@ヒザの上辺りを、
両手で雑巾を絞るようにしてマッサージします。

A太ももを両手で絞るようにしながらマッサージします。

(この時、太ももの外から内側に向かって
マッサージすると効果的です。
また、太ももをヒザから上へマッサージ位置を
ずらしながらマッサージすることが大切です)

B特にセルライトの気になる部分を
つまむようにしてマッサージします。

C手の親指と人差し指を使って、
ヒザから足の付け根部分に向かってリンパ液を
押し上げるようにマッサージします。

〜ふくらはぎ〜

@足首の上を、両手で
雑巾を絞るようにしながらマッサージします。
(足首からヒザに向かって徐々に
マッサージ位置を上げていきます)

A手のひらを使って、足首からヒザに向かって
リンパ液を押し上げるようにマッサージします。


〜お尻〜

@ お尻のセルライトの気になる部分を指でほぐしたり、
つまむようにしてマッサージします。

Aお尻の全体を円を描くようにしてマッサージします。

Bお尻にたまったリンパ液を、上に押し上げるようにして、
お尻を下から上へさすり上げます。


スポンサードリンク

|セルライト対策方法

セルライト対策(その3)へのTB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。