セルライトのタイプ別(1)

スポンサードリンク

セルライトの主な特徴をタイプ別に説明します。

セルライトの特徴

1.1つできると、さらなる血行の妨げになり、
脂肪細胞同士がくっついて更に大きな塊に増殖する

2.ダイエットやエクササイズでは、
脂肪・老廃物・コラーゲンによって
固められたセルライトは代謝されない

3.セルライトのある場所は体温が低い
セルライトは肥満と違い、脂肪細胞が血管から遊離し、
老廃物やコラーゲンによって固めるため、温度が伝わりにくい


セルライトの主な対象者

1.思春期以降の女性
2.太った方から痩せた方までほとんどの女性
3.欧米での最新調査では成人女性の80%に見られる
最近の研究から、セルライトはいくつかのタイプに分類で
きることがわかってきました。

セルライトの症状

1.お尻や太ももにできやすい
2.皮膚の表面がオレンジの皮のように凹凸になる
*欧米では“オレンジピールスキン”と呼ばれ、忌み嫌われている
3.肌がかさつく


それぞれのタイプの特徴を把握して、
自分のセルライトがどれにあてはまるかチェックした上で、
それに合わせた対策を練りましょう。

これらのチェック項目をよく把握しないで間違った対処法を続けていると効果が上がらないばかりでなく
かえって悪化させてしまうこともあるそうですよ。


タイプその1 脂肪型セルライト

セルライトがある人の全体の50%がこのタイプ。

各年齢層に見られ、比較的落としやすいのが特徴です。

対処法としては、脂肪を落とすための一般的なダイエットを
メインに行うとよいみたいです。

と言っても簡単にはいかないのがセルライトなんですね〜

自分なりに考え、調べて対処する必要があるかも?・・・・・


セルライト一口メモ

セルライトというのは、簡単に一言でいうと、
特殊な脂肪の塊のようなものなんです。

毛細血管から排出された水分や老廃物などが、
血行不良のため適切に処理されないで
脂肪と皮膚の間にある皮下脂肪細胞内でシリコンのような
塊になった状態のことををいいます。
 

太腿や二の腕を握って絞ってみると、
みかんの皮のようなデコボコが出る場合があると思います
そのデコボコの正体が セルライト なのです。

お尻や太ももなど、脂肪が多く血行の悪いところに
できやすい特徴を持っています。

スポンサードリンク

|セルライト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。