脂肪吸引のアフターケアについて

スポンサードリンク

◆脂肪吸引の種類◆

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。

料金も格安の美容外科もでてきています、またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

術後の経過を、無料で写真などで紹介しているところもチェックしましょう。

脂肪吸引に関する個人のブログ等も参考に見るといいと思います。

高須クリニックは老舗の美容外科ですね。

東京、名古屋、福岡、大阪 心斎橋などの大都市圏には大手のクリニックがあります。



脂肪吸引のアフターケアについて


脂肪吸引の手術後は、
アフターケアがとても重要です。

脂肪吸引に限らずどんな手術でも
多少は神経に影響を与えますし、
回復のスピードも脂肪吸引をした部位や
範囲、吸引量によって違ってきます。

美しい身体を自分のものにするために、
最後まで気を抜かず安静を保つことです。

脂肪吸引の施術後1〜2週間程度は、内出血、むくみ、
腫れ、一時的な青アザなどが現れます。

また、この期間は、筋肉痛に似た痛みを感じる場合があります。

脂肪吸引をした部位や範囲、吸引量よって
違いはありますが、一般に完治するまでには、
数日から数カ月が必要でしょう。

一般に目安としてあご、頬、二の腕だと
完治するまでに1ケ月、
腰部・腹部・太もも・お尻・ふくらはぎは
3ケ月ほどかかります。

痛みには個人差があるようですが、痛みが強い場合は、
施術後数日間は、痛み止めを使用した方が、楽になれるようです。

また、痛みについては手術後の数日間は、
筋肉痛のような痛みが残る場合もあり、
痛み止めを処方する美容外科もありますが、
その場合十分痛み止めでコントロールできるほどです。

具体的なアフターケアとしては、術後5日〜1週間は、
内出血を防ぎ、術後の腫れを最小限に抑えるため
圧迫期間としガードルなどで固定する必要があります。

その後圧迫を除去します。その後3ケ月間定期検診を行い、
経過が順調かを確認します。


施術後は、脂肪が無くなったために、
シワやたるみが出てくることがありますが、
補正下着を着用したり、超音波マッサージマサージを行なう事で、
次第におさまってきます。

2〜3ヶ月間は、脂肪細胞を取り去った後の隙間をうまく形作るために、
プロテクターや補正下着などを着用して固定する必要が出てくるので、
普段の生活にある程度の支障が生じるかもしれません。

クリニックによって、脂肪吸引後のアフターケアの内容は、
様々ですので、事前に確認しておかれるとよいと思います。

しびれや痛みがあり、吸引後、痛みが落ち着くまでの
期間は一般的に2〜3ヶ月でまた術後には、
凹凸が出ないようにマッサージを続ける必要があります。

3カ月の定期検診で問題がない場合は、
これで完全な仕上がりとなりますが、
クリニックによっては患者さんのより高い満足や
信頼に結びつくように1年間保証制度がある所もあり、
仕上がりを無料で保証している所もあります。

但し、どのような内容の保障制度かは事前に
詳しく聞いておいたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

|脂肪吸引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。