クリスクロス法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

脂肪吸引の種類

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。



クリスクロス法とは

クリスクロス法は、 カニューレ(吸引管)を、
数箇所に挿入して、クロスさせるように
吸引を行う方法です。


脂肪吸引は今、とっても安全で、
改良されています。

1921年に脂肪吸引は開始され、
1977年にフランスの医師によって始められたのが
カ二ューレ法が現在の主流となっております。

その後、出血を最小限に抑え、
広範囲に行えるウエットメソットが
開発されました。

1980年代にむらある凸凹を減らす
クリスクロス法が登場しました。

1990年にチューメセント法、
1992年にはUltrasonic liposuctionが
発表されました。
吸引前に超音波で脂肪細胞を破壊することにより、
吸引力を高めました。

このように脂肪吸引は機器と技術の進化して、
現在は安全面と効率面が高まりました。


従来の脂肪吸引は一箇所だけで吸引を行うと、
どうしても取り残しや、でこぼこができやすくなります。

クリスクロス法は、これらの欠点をカバーするために
生み出された方法といえます。

複数の切開部よりカニューレ(吸引管)を
挿入し、吸引をまんべんなく行うことにより、
皮膚表面のでこぼこが極力抑えられ、
施術後の皮膚の引き締め効果もアップします。

ただし、複数の切開部の傷跡を目立たなくするために、
なるべく小さく切開したり、スキンプロテクターで
保護するなどの対策が必要になってきます。



スキンプロテクター

カニューレの細かい振動により生じる摩擦熱による
火傷から皮膚を保護するために使用される器具です。

スポンサードリンク

|脂肪吸引の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。