超音波脂肪吸引法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

脂肪吸引の種類

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。


最近は、メスを使わない、切らない脂肪吸引手術もあります。料金も格安の美容外科もでてきています、またモニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

術後の経過を無料で写真などで紹介しているところもチェックしましょう。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。


脂肪吸引に関する個人のブログ等も参考に見るといいと思います。

高須クリニックは老舗の美容外科ですね。

東京、名古屋、福岡、大阪 心斎橋などの大都市圏には大手のクリニックがあります。



超音波脂肪吸引法とは

病院の検査などで、皮膚の上から超音波(エコー)をあて、
内臓や赤ちゃんの様子を見るのをご存知でしょう。

このように超音波というのは人体に影響を全く与えず、
使用方法によっては様々なことが可能です。

こういった優れた超音波の力を脂肪吸引に利用したのが、
超音波リポサクションです。


超音波は、人間の耳では、とらえることができない
周波数の高い音波で、20キロヘルツ以下の周波数を持っています。

ちなみに、人間の耳で聞き取れる周波数は、
30キロ〜20キロヘルツの範囲だそうです。

脂肪吸引では、脂肪組織を分解したり、
脂肪組織をやわらかくするために、
超音波の振動力が利用されます。

ただ、振動する時に摩擦熱が生じ高温になるため、
冷却装置が必要になってきます。

従来の優れた脂肪吸引の手術技術に付け加え、
超音波による施療ですので安全性も確立されています。
また、超音波の時間調整で希望の量だけの吸引が可能との事。

超音波脂肪法には、体内式と体外式の2種類の方法があります。 

体外式

吸引を行いたい箇所に超音波を照射し、
その温熱により脂肪組織をやわらかくさせてから、
カニューレによって吸引を行う方法です。

体外式のよい点は、施術中・施術後の痛み、腫れが少なく、
吸引のムラが発生しにくいところです。

また、吸引した脂肪を胸などの注入用に再利用することもできます。
(体内式はできません)

しかし、表皮に熱傷を起こす可能性があることが難点として挙げられます。

スポンサードリンク

|脂肪吸引の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。