チューメセント法とは〜脂肪吸引の種類

スポンサードリンク

脂肪吸引の種類

※脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思いましてこのサイトを作りました。

脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。

掲示板などをご覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があったか等の体験談を見ることができます。

チューメセント法とは


Tumescent Technique
(チューメセント法=スーパーウエット法=ハイパーウエット法)
脂肪吸引は開発から最初の10余年は、
血液吸引などと揶揄される位に出血が多く、
昭和60年代は自己血輸血
(自分の血液を3週間位前に取って術中輸血する)が
行われていました。

Dr.木村もその頃から脂肪吸引を開始し、
大変物騒な手術との感を持っていました。

また吸引管が外国製の太い物が多かったせいもあり、
凹凸醜形もザラでした。
それがチューメセント法
(吸引前に水溶液を多量に脂肪層に浸潤)の
確立で様相が一変し、ほとんど出血せずに大量に
吸引できるようになり、また凹凸も見なくなりました。


チューメセント法は吸引前に、
鎮痛効果や脂肪細胞をふやかす効果のある溶液を
注入する方法で、現在最も一般的な方法で
あるとされています。

溶液は、止血作用や麻酔効果を上げる働きを
持つエピネフリンや局所麻酔剤のリドカインを
大量の生理食塩水で薄めたものです。

この方法によって、鎮痛効果と出血抑制効果の両方が可能になりました。


また、脂肪組織が柔らかくなることで、
吸引できる脂肪の量がも増え、微小血管などへのダメージも少なくなり、
出血、腫れといった術後の合併症が軽減されるようにもなりました。

チューメセント法が開発される以前は、脂肪吸引の施術は、
出血量が非常に多く、輸血を必要としましたが、
この方法が確立されてからは、輸血が必要となるケースは
大幅に減少したようです。

スポンサードリンク

|脂肪吸引の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。