切らない脂肪吸引方法 脂肪溶解注射(メソテラピー)

スポンサードリンク

◆切らない脂肪吸引方法◆



◆脂肪溶解注射(メソテラピー)とは  その1

脂肪溶解注射は、脂肪溶解剤を注射により
脂肪組織に注入することで脂肪を分解・溶解させます。

先進国では既に美容医療として承認されており、
肥満治療として使用されています。

気になる部分をボディメイクするのに、
脂肪溶解注射は最適な方法です。


脂肪溶解注射(メソテラピー)は、 

フランスの医師によって考案された、皮下組織に特定の薬剤を注射する治

療法です。

日本では、脂肪溶解注射として多くの美容クリニックで利用されています



脂肪溶解以外にもシワ治療、薄毛治療などのメソテラピーがあります。

使用する薬剤は、数種類あり、クリニックによって異なります。

従来は単品の薬剤だけを使用する方法が主流でしたが、
現在は数種類の薬剤を混ぜる「カクテル法」が一般的になっています。

脂肪溶解は、あくまで注射による治療ですので、
脂肪吸引のように脂肪細胞を取り除くことができるわけではありません。

確実に短期間で細くするという意味では、
脂肪吸引にまさるものはないようです。

また、脂肪が解けてなくなるわけではありませんので
食べ過ぎると元に戻ってしまいます。

あくまで注入部分の脂肪燃焼が活発になると
考えればよいみたいです。

1回の治療でも効果はあるようですが、
基本的には、2週間感覚で3〜 4回の注射が必要のようです。

CET やエンダモロジーなどを併用すると効果がアップします。



脂肪吸引をやってみたいと考えている方に参考にしていただきたいと思い

ましてこのサイトを作りました。脂肪吸引はお腹の周りだけではなく、足

首、ふくらはぎ、顔、二の腕、頬、尻、などがあります。掲示板などをご

覧になると体験した感想、口コミ情報、失敗、苦情、どんな効果があった

か等の体験談を見ることができます。最近は、メスを使わない、切らない

脂肪吸引手術もあります。料金も格安の美容外科もでてきています、また

モニターの募集を行っているクリニックもあるようです。

スポンサードリンク

|脂肪吸引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。