脂肪吸引のリスク

スポンサードリンク

◆脂肪吸引時に伴うリスクとは?

 ※手術に伴うリスク 

1.麻酔のリスク

美容外科手術で最も多い事故はやはり麻酔に伴うものが多いといわれています。

脂肪吸引手術では、どうしても全身麻酔もしくは局所麻酔が必要となるため、当然リスクも発生してしまうのです。



2.感染のリスク

脂肪吸引手術の術中、術後に細菌による感染を引き起こす可能性があります。そのまま感染を放っておくと生死に関わることもあるので、抗生物質の投与など適切な処置が大切であり、医者も患者も神経を使うところでしょう。

3.脂肪塞栓、血栓

脂肪や血液の塊が血管に入り、細い血管を詰まらせることがあります。詰まった部分の臓器の機能障害をもたらす可能性があり、異常を感じたら直ちに適切な処置を行わなければならない。脳血栓などは要注意です!

4.知覚異常

手術時の神経損傷によって手術箇所の知覚障害が起こる可能性があります。多くの場合は軽症だということですが、それが長期にわたって症状が改善しないこともあり手術に際しては注意してほしいポイントです。



 <---脂肪吸引に伴うリスク---> 

脂肪吸引を行うと、確実に痩せられ、目に見えた効果が期待できます。

一応それなりの効果を得ることができますが、いいことばかりではありません。

その代わりに、身体への負担もそれなりに大きくなってしまうことが
リスクとして挙げられます。

身体への負担を考えると、一度に広範囲(お腹と太ももを同時に行うなど

)の吸引はできません。

吸引する際に、毛細血管を傷つけることになりますから、
どうしても腫れてしまいます。

腫れの度合いは、医者の経験や技術にも左右され、
回復するまでにある程度の期間が必要になってきます。

また、脂肪吸引した跡が、凸凹になってしまう可能性もあります。

これは施術する人の技術が未熟だった場合に起こってしまうようです。

施術の際に、均一に吸引できていれば、凸凹になることはありません。

施術するお医者さんの腕にかかっている訳ですね。

スポンサードリンク

|脂肪吸引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。