白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞

スポンサードリンク

◆白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞とは?


人間の体内に存在する脂肪細胞には、
褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2種類があります。

褐色脂肪細胞の分布場所は、首の周り、脇の下、
肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りの5カ所で、
体内に蓄積された余分なカロリーを熱に替え、
放出させる働きのあるありがたい細胞です。

一方、白色脂肪は全身のあらゆるところにあり、
とくに下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、
内臓の回りなどに多く存在しています。

体内に入った余分なカロリーを中性脂肪の形で蓄積する働きがあります。

 
褐色脂肪細胞の働きが活発な人はエネルギーをたくさん消費し、
活発でない人は、エネルギーの消費も少なめということになりますが、
この褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子によって操作されます。

遺伝子の仕業なら仕方がないことです、などと素直にあきらめるのは、少しばかり早とちりですよ!
努力次第で褐色脂肪細胞を活性化することもできるんです。

褐色脂肪細胞の働きもそのひとつです。


褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の説明がこれだけですと
なんのことやら理解できませんよね!

そういうことで、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞について
さらに詳しく説明していきましょう。


脂肪細胞は、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2種類あります。 


褐色脂肪細胞は、貯蔵できる脂肪が白色脂肪細胞よりも少なく、
首の周り、脇の下、肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りなどにつきます。

体温を維持するために、体内に蓄積された余分なカロリーを
熱に替え放出させる働きがあります。ありがたい働きですね^^。

褐色脂肪細胞は、成長期に入ると少しずつ減少してゆき、
成人になると生まれた頃の半分以下に減ってしまいます。

歳を重ねるとともに身体に脂肪がつきやすくなるのは、
基礎代謝の低下と共に、褐色脂肪細胞が減ってくることも
大きな要因となっているようです。

褐色脂肪細胞の働きが活発な人はエネルギーを
たくさん消費し太りにくく、そうでない人は、
エネルギーの消費も少なめということになりますので
太りやすいといえます。


白色脂肪細胞は、脂肪を蓄える組織である油滴からできていて、
この油滴に脂肪が大量に蓄積されています。運動した場合に消費されます。

白色脂肪細胞は、全身のあらゆるところについています。
とくに下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、
内臓の回りなどに多くつきやすいようです。

白色脂肪細胞は、母親の体内にいる時、
生後一年間、思春期などに、とくに増えますが、
これらの時期以外でもカロリーを
多く摂りすぎることによっても増えるようです。


また褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子によって操作されるそうです。

褐色脂肪細胞に関わる遺伝子が変異してしまっている人がいて、
このような人たちは、そうでない人に比べ基礎代謝量が低く、
太りやすい体質になっています。

ちなみに日本人の3分の1はこの遺伝子が変異しているといわれています。
3人に1は、太りやすい体質であるということですね。

遺伝子の変異はどうすることもできませんが、
あなたの努力次第では、この褐色脂肪細胞を活性化することが可能だそうです。

それは、寒さや冷たさなどの寒冷刺激を与えることだそうです。
(特に冷たい水(18度程度)の中で泳いだりするとよいみたいですよ。)

なかなか楽には痩せさせてくれませんね!

また、昼間は、しっかり身体を動かして活動し、夜は早めに床につき、
充分に睡眠をとる、など、メリハリのある生活を続けると
褐色脂肪細胞の働きがよくなるそうですよ。

スポンサードリンク

|脂肪の役割
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。