脂肪増減のしくみ

スポンサードリンク

◆脂肪増減のメカニズムとは


脂肪増減のメカニズムを知る

人の体には、脂肪を貯める専門組織=脂肪組織というものがあるんです。
脂肪細胞は脂肪組織を構成しているんです。

脂肪は、脂肪細胞の中の「脂肪球」と
いわれる油滴の中に蓄えられているんです。

食物から得た脂肪と糖は、脂肪酸とグリセロールに分解されてから、血液に運ばれてこの油滴に貯蔵されるのです。

筋肉は就寝前の方が効率良くつくんですよ。


脂肪増減のメカニズについてさらに詳しくご説明したいと思います。


脂肪細胞の中には油滴という脂肪を貯めておく袋のようなものがあるということは、先ほどのべました。。

食物から摂取した脂肪や糖は、脂肪酸とグリセロールに分解されて、血液によって運ばれてこの油滴に貯蔵されるという流れになっています。

ですから、食事によって取り入れられた脂肪分が直接脂肪として蓄積されるわけではないんですね。

油滴の袋が大きく膨らんでいる状態の人が太っている人というわけです。
痩せるためには、この油滴に入っている脂肪を運動によってかき出し、雲散霧消させ、油滴の袋を小さくする必要があります。

脂肪は日中の活動している間は、身につきにくく、
活動していない就寝時につきやすい傾向があります。

脂肪は、わりと性格悪いです。


ご存知でしょうが、寝る直前に食べると、太りやすくなります。

しかし、筋肉も就寝前に効率良くつきます。

就寝前の筋肉運動は有効のようです。

また、日中の活動期でも食事をした後、余分に摂取した糖分や脂肪分は脂肪として各細胞にエネルギーを蓄えようとしますから、お菓子などの間食の摂取を日常的に繰り返されている期間が長くなると、脂肪細胞は厚みを増してしまうのです。

スポンサードリンク

|脂肪の役割
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。