中性脂肪とコレステロール

スポンサードリンク

◆中性脂肪とコレステロール


生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。
名前の由来はコレステロールが最初に発見された胆汁であり、
胆汁中で結晶化したものが胆石の原因となる。

これらの液晶の持つ分子の配列の仕方には特徴があり、
そのような分子の配列を持つ液晶はコレステリック液晶と
総称されており、カナブンのようなメタリックな色彩を
示す甲虫の構造色はこれによると考えられている。

多くの動物でステロイド合成の出発物質であり、
また動物細胞の細胞膜などの脂質二重層構造を
持つ生体膜の重要な構成物質である。

人間では肝臓で合成され血液中のリポ蛋白により
全身に輸送される。

この記述の仕方ですと、少々理解しづらいところもあるかと思いますので、次に詳細に解りやすく述べてみます。



脂肪には、脂肪酸、中性脂肪、リン脂質、コレステロール、の4種類が存在しているようです。

コレステロールは目に見えない脂肪、中性脂肪は目に見える脂肪というふうに理解すればいいようです。
コレステロールも脂肪の一種なんですね。

コレステロールは体に貯まりすぎると害になってしまいます。中性脂肪と同じ様に、体にとってはなくてはならない存在なのですが、度を越したコレステロールはいけないようですね。


私たちの体にコレステロールは、欠かせない物質であり、
1日あたり1〜1.5gは必要のようです。

しかし、必要量を超えたコレステロールは、
動脈硬化など、体に害を及ぼしてしまいますから
気をつけてください。

コレステロールは私たちの体の細胞の細胞膜をつくる材料になったり、男性ホルモンや女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどのホルモンや、胆汁酸の原料にもなっているそうです。


やはり日ごろの食生活で意識して、摂り過ぎないように注意する必要があるということですね。

スポンサードリンク

|中性脂肪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。