肥満とストレス

スポンサードリンク

※肥満とストレスの関係

肥満と一口に言っても、様々なパターンがありますね。
その中でも普段の生活の中で起こるストレスと
肥満は密接な関係があるようです。



もっとも肥満に限らず、ストレスが多くの疾患の
誘因になっていることは研究により
明らかなりつつあるようです。

例えば
「何らかのショックで何も喉を通っていかない」というような症状を
経験されたことはないでしょうか?


突然、急激に強いストレス(ショック)を受けた場合は、
食欲が減退してしまう、ということがあるようですが、
その反対に慢性的にストレスを感じている場合は、
食欲を増進させてしまうことがあるようです。

つまり過食になってしまうということなんです。

基本的に人間の体は一定の体重を保持しようとする性質を
持っており、食欲の調整が自然に行なわれて、摂取量をコントロールしているそうなのですが、
慢性的なストレスがかかると、どうしても過食になってしまうことがあるようです。


食事をする時に、特に甘いものを摂ることによって、
脳内に快感物質が分泌され、それがストレスをやわらげる役目を
果たす作用があるそうです。

ストレスが溜まってイライラが高じて、ついつい食べ物に手が伸びてしまう人や、暴飲暴食に走ってしまう人は要注意かもしれませんね。

肥満体になってしまうと、自分は「太っている」ということを思い悩んだりして、余計にストレスを感じてしまったりします。

まさに悪循環といえます。

まず慢性的にストレスをためないようにすることも肥満を防ぐためには、大切なことです。

スポンサードリンク

|肥満
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。