隠れ肥満には要注意

スポンサードリンク

※隠れ肥満にはご用心

お腹は体全体で一番最初に脂肪が付く場所なんです。
胃や腸等、体の代謝の重要な器官が集まる場所でもあり、
この場所に脂肪が付いてしまうと必然的に太りやすい体質に
なってしまう傾向があります。

お腹周りで脂肪が付きやすい場所は、
大きく分けて以下の3ポイントが代表的です。

1.わき腹の脂肪
2.皮下脂肪
3.内臓脂肪



最近の研究によって、特に生活習慣病と内臓脂肪型肥満の関連が深いことが明らかになってきています。

肥満の場合、内臓脂肪型肥満であるかどうかを
判断、確認することが重要な項目になってきています。

厳密にいいますと、CTスキャンで腹部の断面を撮影して診断し、 内臓脂肪面積が100平方センチ以上ある場合は、内臓脂肪型肥満と判定されるようです。


1.内臓脂肪が悪影響を及ぼす



健康な体は大切ですが、それ以外にも、見た目にも悪影響が大きいのがお腹にたまった脂肪ですね。
普通につまめてしまうのならまだましですが、しゃがみこんだ時にベルトの上に乗ってしまったりすると、もう最悪です。
また、お腹周りに脂肪が付いてしまうと、内臓の動くスペースが狭くなってしまっている為に肺を圧迫してしまいます。

そうなると肺が小さくなり、酸素の吸収率が減り、脂肪を燃やす為に

必要な酸素の量が不足してしまいます。悪循環の始まりです。

それに息切れしやすくなって、全体的な運動量も低下することになり、太りやすく痩せにくい体質へと変化して行くのです。

さらに厄介なことに!

脂肪組織は、エネルギーの貯蔵庫としての役目のほかに、生体の様々な機能をコントロールしている生理活性物質(サイトカイン)を生産していることがわかってきました。

特に内臓脂肪が過剰に蓄積された状態では、
サイトカインが正常に生産されにくくなるので、
様々なトラブルを引き起こすようになります。

血栓が出来やすくなったり、動脈硬化になったり、
糖尿病になったり、といった悪影響が出始めてきます。


2.隠れ肥満は深刻な問題

一見すると肥満には見えない体型でも、内臓脂肪が必要以上に増えてしまう、いわゆる隠れ肥満は心配です。

隠れ肥満は、ダイエットのリバウンドを繰り返してしまったり、
運動不足や、偏った食事を続いてしまうと、なりやすい症状と言われています。

上記の項目に思い当たるふしがあり、全体的には痩せていても、
お腹だけがポッコリ出ているような場合は、隠れ肥満を疑って見る必要があり要注意です。

スポンサードリンク

|肥満
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。