単純性肥満と症候性肥満

スポンサードリンク

※単純性肥満と症候性肥満


1.単純性肥満


摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが何らかの理由(暴飲暴食、カロリーの高い食事の摂取等)で崩れ、過剰なエネルギーが脂肪として体内に蓄積した状態を単純性肥満といいます。

食べすぎや身体活動量の低下などの原因には、生活習慣の乱れが根本にり、小児の1〜2割が単純性肥満であると考えられています。

それに加えて小児期から肥満となり、そのまま成人になると、高血圧や糖尿病という動脈硬化性または代謝性疾患を発症する可能性は、標準的な体型を保持している成人の約60倍も高くなるといわれています。

肥満の人の95%がこのタイプとされています。

特に身体の機能に特別な異常があるわけでも、
特定の病気が原因となっているわけでもなく 単純に生活習慣が
肥満の原因となっている場合です。



▲症候性肥満


上記の単純性肥満と異なり、生活習慣に関わらず、病気や身体機能の異常によって起こる肥満のことを指します。



薬の副作用やホルモンの分泌異常や脳の疾患からくる摂食異常などから起こります。

代謝異常や内分泌疾患の一部でも肥満をきたします。

これらをひとまとめにして症候性肥満と言います。

症候性肥満の例として、以下のようなものがあります。


視床下部性肥満 :

ローレンス・ムーン・ビードル症候群
フレーリッヒ症候群
プラダー・ウィリー症候群


Cushing症候群では副腎皮質ステロイドの過剰による症状として、
中心性肥満を呈します。

甲状腺機能低下症では甲状腺機能の低下によって
脂肪分解が阻害されて肥満の原因となります。

カルシウム代謝に関連するホルモンであるPTHに対する細胞の
反応異常を示す偽性副甲状腺機能低下症のIa、Ic型や
偽性偽性副甲状腺機能低下症では、
AHO体型(肥満、低身長、円形顔貌、中手骨・中足骨の短縮など)を
特徴とする肥満を示します。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性は、
男性化(多毛、にきび、低声音など)と肥満を示します。

薬物性肥満は薬物の副作用が引き起こす肥満のことであり、
副腎皮質ステロイド薬の副作用などで見られるものが特に有名です。

スポンサードリンク

|肥満
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。