肥満の定義

スポンサードリンク

※肥満

肥満とは一般的に体脂肪が過剰に蓄積された状態であると定義されています。

人間の体の構成を調べると、約60%くらいの水分と20%くらいの固形成分、そして20

%くらいの体脂肪で形成されています。

以下のような公式があります。

標準体重(kg) = 身長(m)×身長(m)×22

ご存知の方も多いかと思いますが、これは体重だけを見る指標で、内臓脂肪型肥満につ

いては判定できません。

男性の場合は15%〜20%が適正、25%以上は太りすぎ、
女性の場合は20%〜25%が適正、30%以上は太りすぎ、と判定されます。

この肥満を早く解消しないと、糖尿病や高血圧症、心疾患、不妊症などの疾患を引き

起こす原因となります。

次に、脂肪とは何かを脂肪吸引を引き合いに出して解りやすく説明していきたいと思いま

す。

肥満とは、過剰に体脂肪が蓄積した状態を指します。
計測した数字を見て単純にに標準体重より重いからといっても、
即、短絡的に肥満であると即断できるとは限りません。

摂取するカロリーが消費するカロリーを上回る状況が長く続いてしまうと、過剰な栄養分

が体内に蓄積されることになって、これが肥満の原因になります。

もちろん、生命活動を維持するためには、適正な脂肪の量は必要です。

また、皮下脂肪の数(顔やお腹、太腿など、その部分に存在する『脂肪細胞』)は、小

児期(生後1歳までの乳児期)の時代に、
だいたいの数は決まってしまうと言われています。


最近の研究で、後においても、少量ではありますが「脂肪細胞」が増える可能性があると

いう報告もあるようです。

余分なカロリーは、脂肪細胞に取り込まれます。

「脂肪細胞」自身が過大になって、外見から見てその部分が膨らんでしまった状態を、部

分肥満といいます。

特に短期間で太ってしまった場合、肉割れ、妊娠線、さらには
セルライト(脂肪細胞の塊)の原因となります。

肥満の原因

スポンサードリンク

|肥満
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。