脂肪の働きと役割

スポンサードリンク

※ 脂肪の栄養素としての役割りとは

脂肪は炭水化物やタンパク質と比較して、
約2倍のエネルギーを放出します。

筋肉などの重要なタンパク質の減少に歯止めをかけ、
食事などを摂りにくい状態の時には、
生命維持のために重要ななエネルギー源としての役割を果たします。

加えて言いますと

脂肪(脂質)は、炭水化物(糖質)、タンパク質と同じ、
三大栄養素の一つとして、人間が生きて行く必要不可欠な
エネルギー源になっています。

さらに体温を維持したり、臓器を保護する働きも同時に行っています。

脂肪(脂質)は、炭水化物(糖質)、タンパク質と同じ、
三大栄養素の一つとして、人間が生きて行く必要不可欠な
エネルギー源になっています。 
 
体のエネルギー源が不足すると、エネルギー源となり、
エネルギーを貯蔵をします。

また体温を維持したり、臓器を保護する働きもしています。

スポンサードリンク

|脂肪の役割
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。